OpenOffice.org Calc の入力補助の解除方法 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

OpenOffice.org Calc の入力補助の解除方法

(表計算)には、様々な入力補助機能がありますが、時としてそれが不要な場合があります。アルファベット大文字入力の際、二文字目以降が小文字に自動変換されたり、URL自動識別機能などはその典型です。ここではそれらの解除方法について触れていきます。

オートインプット

オートインプットとは、セル間において事前に入力した値とはじめの数文字が合致する場合、事前入力値を自動反映させるというものです。一見すると入力の手間を省いてくれる便利な機能ですが、数文字目以降が異なる場合でも自動反映されてしまうため、迷惑になることがあります。

オートインプット

表計算を開き、[ツール] – [セルの内容] – [オートインプット] に付けられたチェックをクリックして外します。

オートコレクション

オートコレクション

オートコレクションとは、その名の通り、入力内容を自動修正する機能です。[ツール] – [オートコレクションオプション] を開きます。ここでは以下のような機能のオン/オフを切り替えることができます。

  • 置換リストを使う
  • 2文字目を小文字にする
  • すべての文を大文字で始める
  • 自動的に*太字*を太字に_下線を_下線付きに
  • URL識別
  • ダッシュに置換
  • ダブルスペースを無視する
  • cAPS LOCK キーの誤用を修正

要不要は個人差がありますが、筆者は初期設定として2項目、3項目、5項目のチェックを外し、残りはデフォルトの状態で使用しています。

設定は簡単ですが、メニューの場所が若干分かり辛いので、メモとして記載させていただきました。