Microsoft Excel - 印刷に使用する小技 Part1 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Microsoft Excel – 印刷に使用する小技 Part1

Microsoft Office Excel(以下:Excel)は、優れた文書作成ソフトとして世界中で使用されていますが、知られていない機能もたくさんあります。今回はその中から印刷の際に重宝される機能をいくつかご紹介します。過去にこのブログで取り上げたもの、中級者以上の方には珍しくないものもあると思いますが、知らない方に参考にしていただければと思います。(Excel 2007を使用)

① ヘッダーとフッターの挿入
ヘッダーは各ページの先頭に、フッターは最後に来る表示で、一度設定すれば全ページに反映されます。今まで全ページに共通のタイトルを付されていた方がいれば、是非使っていただきたいものです。

下図のように、メニュー「挿入 > ヘッダーとフッター」をクリックします。

ヘッダーとフッター

すると画面上にヘッダーおよびフッターの入力箇所が表示されるので、任意の文字列を入力してください。

② 印刷タイトル
表形式の資料を作成していると縦に長くなり、先頭に付けた項目名が2ページ目以降に表示されず、読み辛い資料になってしまうことがあります。

【1ページ目】

印刷タイトル

【2ページ目】

印刷タイトル

1ページ目の項目名を2ページ目にも表示させたい場合は、メニュー「ページレイアウト > 印刷タイトル」を使用します。

ページレイアウト > 印刷タイトル

すると以下の画面が現れるので、「タイトル行」と書かれたラインの右端にある矢印をクリックしてください。Excel上の行を指定できるので、今回の例では1行目を指定し、「OK」を押します。

印刷タイトル

設定はこれで完了なので、あとは印刷プレビューで確認してみてください。2ページ以降も項目名が表示されているはずです。