OpenOffice.org - Calcの初期設定 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

OpenOffice.org – Calcの初期設定

OpenOffice.orgの初期設定第2弾「」についてです。Calcは、マイクロソフト・オフィスのExcelに相当するアプリケーションでその精度の高さはオープンソースとは思えないほどです。Excelとの互換性において100%とは言えませんが、通常の用途であれば、慣れれば不便さは感じないでしょうし、移行も比較的容易だと思います。

① 長さを表す単位「パイカ」
OpenOffice.orgでは、長さを表す単位として「センチメートル」を使用していますが、マイクロソフト・オフィスでは「ポイント(ピクセル)」を使用しているため、移行時に違和感を覚えます。しかし、OpenOffice.orgでは、表示単位を変更することができるので、「パイカ」を選ぶことでピクセル表示にすることができます。メニューバーから「ツール > オプション」を開き、下図のように「 > 全般」を見ると、「使う単位」というところでこれを指定することができます。

パイカ(ピクセル)

② 表示
Calcを利用する上で表示させておいた方が良いメニューはいくつかあります。下図のようにメニューバーの「表示」を開くと様々なメニューが表示され、クリックすることで選択され、チェックマークが左横に付きます。

表示

■ 数式バー
アプリケーション上部に表示される演算式(関数)を入力できるバーです。足算・引算などの単純計算はもちろん、複雑な数式も入力できます。
■ ステータスバー
各シートやセルなど様々な情報が表示されます。資料作成をする上で補助的な役割を果たします。
■ 行と列の番号
縦に「1, 2, 3, …」、横に「A, B, C, …」といった番号を表示してくれます。標準でチェックがついていますが、必要に応じて表示・非表示を切り替えても良いでしょう。
■ 書式設定
フォントの変更、セル内の文字の配置、罫線など表計算を使用する上で必須とも言える機能です。これは絶対に表示させておいた方が良いと思います。
■ 図形描画
Calc内に図形や画像を挿入するのに便利なメニューです。利用頻度が高いため、表示させておいた方が良いでしょう。
■ 標準
書式設定と並び、Calcの必須機能を揃えたメニューです。新規作成、保存、印刷、PDF変換などこちらも絶対に必要なものばかり増す。

以上の初期設定を行えば、Calcはよりスムースに使えるはずです。ご利用されている方で見覚えのない内容がある場合は確認してみてください。