パソコン作業を早くするショートカットキー | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

パソコン作業を早くするショートカットキー

日頃、パソコンに向かって資料作成をしている際、どのような操作をされているでしょうか?普通は、マウスでカーソルの位置を移動し、右クリックから処理を選び、文字入力にはキーボードを使用していると思います。もちろんこれらの操作は正しいことなのですが、作業効率を上げるため、もっと簡単に操作できないのか疑問を持たれた方も多いでしょう。この疑問を解決する手段として「ショートカットキー」というものが存在します。

もともとパソコンはキーボードのみで一連の操作が可能であり、直観性を補完するためにマウスが存在します。マウスは非常に便利なのですが、作業効率という観点から捉えるとショートカットキーを使用された方が良いものがいくつか存在します。最近では、これらを紹介する専門書が人気を集めているようです。

※ WindowsとMacなどOSやアプリケーション間で異なります。

【ショートカットキー:一例】
① Ctrl + A = 画面内全選択(全範囲コピーに役立ちます。)
② Ctrl + C = コピー
③ Ctrl + F = 検索
④ Ctrl + H = 置換
⑤ Ctrl + N = 新規作成
⑥ Ctrl + P = 印刷
⑦ Ctrl + S = (上書き)保存
⑧ Ctrl + V = 貼り付け
⑨ Ctrl + W = 表示中のアプリケーション終了
⑩ Ctrl + X = 切り取り

KEYWORD