Thunderbirdのアドレス帳をオンラインで同期 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Thunderbirdのアドレス帳をオンラインで同期

Thunderbirdを自宅と仕事で使用している場合、SOHO・中小企業において社員間で使用している場合、アドレス帳の共有は欠かせません。自らLDAPサーバを構築できるのであれば良いですが、バックアップ等も含めると手間が掛かります。グーグル連絡先を利用してオンライン同期という方法はいかがでしょうか。

事前準備

初回の同期ではグーグル連絡先をデータソースとしてThunderbirdのアドレス帳にコピーを行った方が動作が安定しますので、両者間で相違がないか確認し、グーグル連絡先に不足がある場合は事前に追加し、データソースとして完全な状態にしてください。その上で万一、データを失った場合にも復元できるようにThunderbirdとグーグル連絡先の両方でバックアップ(CSV等)を取っておきます。バックアップを取ったらThunderbirdのアドレス帳を空にしてください。

アドオンのインストール

gContactSync」をダウンロードし、インストールを行い、Thunderbirdを再起動します。

gContactSyncの設定

gContactSyncの設定画面を開きます。インタラクティブな編集機能を有効にしたいのであれば、以下の「Remove contacts from Google immediately after they are removed in 」にチェックを入れてください。

gContactSync

次に「Accounts」タブを開き、「Add Login」ボタンを押下し、ご自身のグーグルアカウントを登録します。初めにメールアドレスとパスワードと入れ、次に同期先となるアドレス帳を入力します。既存の個人用アドレス帳や仕事用アドレス帳でも良いですし、任意のアドレス帳を作成していただいても構いません。筆者はグーグルアカウントをふたつ持っているため、ひとつを個人用アドレス帳に、もうひとつを仕事用アドレス帳に割り当てました。ここでは複数のアカウント登録とアドレス帳への割り当てが可能です。

ただし、グーグル連絡先とアドレス帳の関係は、必ず「1対1」になるようにしてください。設定は以上になりますので、もう一度、Thunderbirdを再起動します。

グーグル連絡先とアドレス帳の同期

Thuderbirdのアドレス帳を立ち上げると、毎回、自動同期が実行されます。ステータスバー右に「Synchronizing…」というメッセージが出るので、この間は操作できません。完了するとグーグル連絡先がコピーされ、サブフォルダとして、My Contacts, Coworkers, Friends, Family, およびGMAIL側で独自に追加したグループが表示されます。これらは絶対に削除しないでください。同期は以上で完了です。

筆者の失敗談

初めて筆者がアドレス帳本体(個人用アドレス帳等)を開いたとき、同一連絡先が複数あり、重複分を削除してしまいました。GMAIL側で連絡先をグループの割り当てた場合、割り当てた数だけ、Thunderbirdのアドレス帳本体で重複して表示される仕様になっているようです。したがって、筆者の行った削除はグループの割り当て解除を意味します。

オススメの連絡先管理方法

上記の失敗談から感じたことは、GMAILの連絡先は必ずひとつのグループに属させておいた方が良いという事です。その上でThuderbirdのアドレス帳を管理する場合はサブフォルダを対象とします。