Outlook 2003 から Windows Live Mail への移行 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Outlook 2003 から Windows Live Mail への移行

おそらくこの記事に目を通していただいている方は、 2003(以下:)〜 Live Mail(以下:WLM)への移行で悩まれている方だと思います。そして、その多くは「Windowx XP〜 7」への移行でもあるのではないでしょうか。筆者も素直に移行できず、少々苦戦したので、覚え書きとしてその方法を記載させていただきます。

まず「Outlook 〜 WLM」ではなく、「Outlook 〜 Outlook Express(以下:OE) 〜 WLM」という経路の方がスムースに進むと思われます。

OutlookではPSTファイルを取得することはできますが、WLMではそれをインポートすることができません。また、アドレス帳などでCSVでのインポートを試みると文字化けを起こしてしまいます。メールをそのままドラッグ&ドロップで受信トレイにコピーしようとしても拡張子が異なるため、こちらもできません。

Outlook 〜 OE

こちらは非常に簡単な操作です。Outlookを使用され、OEを初めて立ち上げる方は、起動時にデータインポートがウィザード形式で聞かれるので、インストラクションに従い進めます。

OE ~ WLM

① アカウントの移行
アカウントの移行は「インポート・エクスポート機能」を使用します。両者共にIAFファイルによるデータ入出力が可能なので、[ツール] – [アカウント] を開き、対象となるアカウントをOE側でエクスポートし、WLM側にインポートします。

② メールの移行
メールの移行は非常に簡単です。メールを全件選択し、ドラッグ&ドロップしてください。PC入れ替えであれば、一時的に外付けHDDに保存して移しても良いでしょう。

③ アドレス帳の移行
最後にアドレス帳ですが、こちらも共通のファイル形式(WAB)がありますので、OE側でエクスポートし、WLM側にインポートします。以上で移行作業は完了です。

同じマイクロソフト製品であるにも関わらず、OutlookとWLMでは互換性がほとんどないというのはっきり言ってマイクロソフト側の問題ですが、OutlookとOE、OEとWLMの間であれば互換性に問題はないようです。

  • できるWindows 7できるWindows 7
  • 本日の一冊

    累計で4000万部を突破したパソコン入門書の定番「できるシリーズ」から、Windows 7に完全対応した解説書「できるWindows 7」が登場!パソコンの基本操作をがっちりマスターした上で、Windows 7の新しい機能をスムーズに身に付けられるように各レッスンの内容を構成しています。「これからWindows 7を始める」という方に最適なパソコンとインターネット、メールなどの操作法や知識を大きな画面と丁寧な解説でまとめました。