マイクロソフトオフィス - 無償ウェブ版をついに公開 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

マイクロソフトオフィス – 無償ウェブ版をついに公開

Web Office 2010 Excel
Web Office 2010 Excel

米国時間の2010年6月7日、マイクロソフトがついにOffice 2010のウェブ版を無償で公開しました。 Liveのアカウント持つユーザであれば、こちらより入ることで既に使えるようになっています。ただし、日本語サイトから入っても使用できないのでご注意ください。(使用時は日本語環境に対応しています。)

オフィシャルブログで詳細が発表された今回のサービスは、当初、アメリカ、イギリス、カナダ、アイルランドを対象にしていますが、随時、拡大されているので、まもなく日本語サイトからのアクセスも可能になるものと思われます。

無償で使用できるアプリケーションは、Word, Excel, PowerPoint, OneNoteの4つになっており、新規でドキュメントを作成することも、既存ファイルをアップロードして編集することもできるようになっています。ファイルはすべてSkyDrive(無償容量25GB)に保存されるようになっており、Silverlightをインストールしておくことで、すべてのブラウザ(IE, Firefox, Safari, Google Chrome, etc…)から複数のファイルをまとめてドラッグ&ドロップすることができるようになります。

Web Office 2010 Word
Web Office 2010 Word

Web Office 2010 PowerPoint
Web Office 2010 PowerPoint

Web Office 2010 OneNote
Web Office 2010 OneNote

一見すると無償で日頃必要とされるアプリケーションが全て使用できるようになった!と感じてしまいますが、機能には以下のような制限が掛けられています。

  • 右クリック使用不可
  • 入力規制等のファイル表示不可
  • マクロファイル表示不可
  • 印刷不可
  • PDF変換不可

他にも機能制限はあると思われますが、これらが使用できないというのはかなり不自由を感じます。同じウェブアプリであればグーグル・ドキュメントの方が精度が高いと言えるでしょう。

今後、更なる機能改善を期待したいと思いますが、マイクロソフトからすれば有償版とのすみ分けが難しくなり、実質的には対応が難しくなるでしょう。また、無償にこだわるのであれば、OpenOffice.orgもありますので、マイクロソフトのオフィス市場における危機感には変わりはないのではないでしょうか。