OpenOffice.org - 商用ソフトウェアとの連携進む | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

OpenOffice.org – 商用ソフトウェアとの連携進む

(以下:OOo)の認知度も次第に高まり、アシストを中心にサポート企業も増え、商用ソフトウェアとの連携が進んでいます。その中からニュースでも取り上げられている事例を幾つかご紹介します。

Calc Report Generator

アシストが提供するビジネスインテリジェンス(以下:BI)ツール「WebFocus」で作成したデータをCalcで事前に作成した帳票(テンプレート)に自動反映させるというもの。「WebFocus」の既存ユーザでエクセルベースでの帳票を利用されている企業には良いサービスではないでしょうか。

DataSpider Servista Calc Adopter

DataSpider Servistaは様々なデータソースよりデータの抽出・変換・読込()を可能とするミドルウェアです。そのアダプタによりOOo Calcがサポートされ、データの入出力先としてCalcを指定することができます。

MosP給与計算

オープンソース勤怠管理ソフトウェアとして人気を集めるMosPの1モジュールでもある「MosP給与計算」が標準出力ファイル形式としてOOo Calcをサポートしています。エクセル形式の出力も可能ですが、標準にOOoを指定しているところがオープンソースならではといった感じを受けます。

マイクロソフトオフィスもそうですが、この手の連携機能は表計算ソフトに多く、データの入出力やBIツールのフロントエンドとして活用されるケースを非常に多く目にします。

個人的にはOracle Essbaseとの連携に期待していますが、現状ではサポートされていないようです。しかし、サン・マイクロシステムズの買収により、OOoも実質的にはオラクルの管理下にあります。今後、オラクル製品とOOoの連携強化も十分にあり得るのではないでしょうか。