Thunderbird - TODOの設定方法 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Thunderbird – TODOの設定方法

今更かもしれませんが、Thunderbirdの利用者で意外とTODO機能を使用していない方が多いことを知りました。単純に必要ないという人もいるでしょうが、そもそも設定方法が分からないという人も多いようです。ということで本日はThunderbird(バージョン3)のTODOの設定方法について触れてみたいと思います。

メインタブ

メインタブ

TODOは付箋と類似した用途に使用されるケースをよく目にします。スケジュールとは切り分け、細かなタスクを管理するのに最適です。左側のチェックボックスにチェックを入れることでタスク完了とし、一覧から非表示にされます。

上部にある詳細表示アイコンをクリックすれば、TODOタブが追加され、詳細を確認することができます。

TODOタブ

TODOタブ

ここからが実際のTODOの設定方法になります。まず、TODOを使用するには専用のカレンダーを作成する必要があります。[ファイル] – [新規作成] – [カレンダー] を表示し、以下のように入力を行います。

新規カレンダー作成

データをローカルに保存する場合は「このコンピュータに保存する」を、Remember the milkのようなウェブサービスと連動させる場合は「ネットワークのサーバに保存する」を選択し、[次へ] を押下します。

新規カレンダー作成

「名前」には任意のものを入力し、「」には登録済みのアカウントが表示されるので、お好きなものを選択します。[次へ] – [完了] をクリックするとTODO専用のカレンダーファイルが作成されます。

あとは、作成したカレンダーファイルに対してTODOを登録していくだけですので、必要に応じてご利用ください。