Microsoft Office 2007 のファイルを旧バージョンで開く | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Microsoft Office 2007 のファイルを旧バージョンで開く

「Microsoft Office 2007」ではファイル形式が変わり、これまで使用してきた2000や2003といった市場で大多数を占めるバージョンでは開くことができなくなってしまいました。一部の取引先からメールされてくる添付ファイルにこれらが含まれており、困惑された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当然、マイクロソフトもそれに対応するため、「Microsoft Office 互換機能パック」というものをウェブサイトで配信しており、これをインストールすることで問題は解決されます。

しかし、2007では仕組みが大きく変わっているため、若干、体裁が崩れることもあり、これには対応しきれていないようです。仕事上、2007を利用されている方は、保存時にファイル形式を旧バージョンに対応させたり、デコレーションに2007特有の機能(グラデーションや3Dなど)を使わないようにした方がよいかもしれません。

ファイル形式(拡張子)とは、ファイル名の最後に付加される「.(ドット)」以下のアルファベットを指し、エクセルであれば、「.XLSや.XLSX」がそれになります。もし、ご利用のパソコンでファイル形式が表示されていない場合は以下の設定により表示することができます。

  1. マイコンピュータ(Vistaの場合は「コンピュータ」)をダブルクリック
  2. 「ツール」 > 「フォルダオプション」を開く
  3. 「表示」タブを開く
  4. 「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを取る
  5. OK

余談にはなりますが、今、注目されているオープンソース・オフィス・スウィート「OpenOffice.org」でも2007のファイル形式に対応しておらず、次期バージョン(Ver.3)で対応されるとのことです。