インターネットブラウザ - Internet Explorer 7 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

インターネットブラウザ – Internet Explorer 7

最近、パソコンを立ち上げてインターネットを開くと「Internet Explorer(以下:IE) 7」へのアップデートを要求されることがあると思います。これはIE6 以下をご利用の方へのメッセージなのですが、ウィルスやフィッシング詐欺などと勘違いされている方も中にはいらっしゃるかもしれません。基本的にはアップデートしていただいて問題ありません。

ただし、業務上、特有のウェブシステムを利用されている方は念のためシステムサポートにIE7にアップデートしても支障はないか問い合わせた方がよろしいと思います。

IE7はこれまでのIEとは画面構成が大きく変わっているので、初めは戸惑いを覚えると思いますが、使い慣れてくるとこれが便利なのです。いままでのIEはホームページ上の外部リンクをクリックすると別ウィンドウが立ち上がり、その操作を繰り返して行くと画面下のタスクバーがいっぱいになってしまうなんてこともありましたが、IE7では「タブ機能」というものがあり、一つのウィンドウ内に別のページをタブとして表示するようになりました。

Internet Explorer 7 タブ機能

また、技術的な側面から見るとIE6以下ははっきり言って欠陥品なのです。利用する立場では気になりませんが、開発者泣かせの困ったブランザでした。これもIE7になることで大幅に改善され、色々な意味で進化をしているわけです。

余談にはなりますが、インターネットブラウザというものはあくまでもインターネットをブラウズ(閲覧)するものであり、必ずしもIEを指すものではありません。MacではSafariというインターネットブラウザがありますし、以前、世の中に出回っていたNetscapeも同様です。欧米ではFirefoxというブラウザが注目されており、IEのシェアを少しずつ侵食しています。IEもバージョンが7になり、改善したとは言え、他のブラウザに比べるとまだまだ後進的で、今回のアップデートを機に別のブラウザを試し、自分が一番使いやすいものをご利用されても良いと思います。

以下に代表的なIE以外のブラウザ(Windows上での使用可)を列挙させていただきます。
1. Safari
2. Firefox
3. Opera
4. LunaScape
5. Sleipnir

KEYWORD