インターネットブラウザ - ベンチマーク結果 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

インターネットブラウザ – ベンチマーク結果

一昨日、ZDNet Australiaがメジャーブラウザにおけるベンチマークテストを「SunSpider」を使用して行ったことを発表しました。結果は、オープンソースブラウザである「」や「」がダントツのパフォーマンスを見せるものとなりました。

インターネットブラウザ - ベンチマーク結果

今回ベンチマーク対象としたブラウザは以下の通りです。
①  10.00 alpha
②  8 rc1
③ Firefox 3.1b1
④ Webkit r40220(Safariなど)
⑤ Google Chrome 2.0.158.0

ご覧の通り、オープンソースである③~⑤が同等のパフォーマンスを見せ、①と②に大差を付ける結果となりました。IE8はマイクロソフトから配布される次期ブラウザで、Windows 7と共に現在のマイクロソフトの集大成とも言えるほど力を注ぎ込んでいるソフトウェアはずです。まだ正式版ではないとは言え、この結果は意外でした。

別の言い方をすれば、それほどまでにオープンソースプロジェクトが優れ、優秀な技術者が賛同していることが伺えます。ブラウザの市場シェアはまだまだIEが実権を握っていますが、この状況に変化が現れるのも近い将来かもしれません。