Kindle FireのAmazon Silkはどれほどすごいのか? | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Kindle FireのAmazon Silkはどれほどすごいのか?

米国時間2011年9月28日にアマゾンが新製品の発表を行いました。以前よりiPadの対抗馬として噂されていた「 Fire」と従来のeInkを採用した「」3機種です。 Fireは$199で、11月15日出荷予定とされています。

Kindle Fireは、大方の予想と少々違っていました。7インチスクリーンと小型で、スペックもiPadに比べると大幅に低い。カメラも3Gもなく、どちらかと言えば、eReaderの延長上にあるような感覚を覚えます。

それでは特質するべき点がないのかというとそういう訳ではありません。おそらく最大の目玉は独自に開発したブラウザ「Amazon Silk」でしょう。オフィシャルブログでその概要が紹介されていますが、ウェブページを直接読み込まず、EC2にキャッシュさせることで高速表示を可能にするとしています。

動画内では、PCとモバイルのブラウザのパフォーマンスについて触れています。確かに同じウェブサイトを表示する場合、両者の間には大きな開きがあります。通信速度は規格の問題があり、簡単には変更できませんが、ブラウザのテクノロジーを調整することはできる。

マシンスペックを低くすることで価格帯をiPadの数分の一に抑え、EC2との連動によりパフォーマンスを向上させる。実測するまではわかりませんが、アマゾンの資産を生かしたデバイスと言えます。

Kindleも販売当初は数百ドルしましたが、新機種は$79〜。発売時期といい、クリスマス商戦をにらんだリリースとも受け取れます。