少しだけデスクワークの効率を上げたい! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

少しだけデスクワークの効率を上げたい!

普段仕事をしていてインターネットを利用する頻度は以前に比べかなり高くなってきたと思います。グループウェアなどの社内システムもウェブ化され、アクセスの度にウェブブラウザを立ち上げ、お気に入りから入っていくという工程に「もう少し効率よく利用できないか?」と感じている方もいらっしゃるはずです。

そこでお勧めしたい仕組みとしてグーグルが無償提供しているウェブブラウザ「Google Chrome」があります。通常の用途はインターネットエクスプローラー(以下:IE)と同様、ウェブサイトを閲覧することですが、IEに比べ、立ち上がり、ウェブサイトの表示が共に早いというメリットがあります。

それに加えて素晴らしい機能に「アプリケーションのショートカットを作成」というものが存在します。以下にこれを使用した場合と使用しない場合の違いを説明します。

通常、「Google Chrome」をインストールするとデスクトップ上にはアイコンが表示されます。これをダブルクリックしてブラウザを立ち上げ、お気に入りから目的のサイトにアクセスします。その状態が下図です。

Google Chrome

ウェブサイトを開いた状態で画面右上にあるメモ帳マークをクリックし、「アプリケーションのショートカットを作成」を選択します。すると保存先を聞いてくるので、「デスクトップ」にチェックが付いた状態のまま「OK」を押してください。

Google Chrome

その後、デスクトップを確認すると新しいアイコンが追加されていることが分かります。

Google Chrome

ここではオープンソースグループウェア「アイポ」を例に取り上げましたが、ウェブサイトによってアイコンは変わってきます。見た目では、マイクロソフトオフィスなどのパソコンにインストールされたソフトと変わりません。

そして、その追加されたアイコンをダブルクリックすると上図と同じサイトが開かれるのですが、アドレスバーなどのウェブブラウザに関するメニューが一切表示されないので、利用者からすると自分のパソコンにインストールされているソフトを開いているのか、インターネットにアクセスしているのか判別できないほど快適に使用することができます。

Google Chrome

この他にグーグルでは「Google Docs」というインターネットで利用するWordやExcelなどと同じ仕組みを持ったサービスを無償提供していますが、これも「アプリケーションのショートカットを作成」を使用することでまるでデスクトップ上に保存したファイルかのように使用することができます。

このように「Google Chrome」を使用することでインターネットをより快適に使用することができ、使い方次第では微力ながらもデスクワークの効率化に役立ちます。