Internet Explorer 9のインタフェースを確認 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Internet Explorer 9のインタフェースを確認

Internet Explorer 9

東日本大震災の影響から延期されていたInternet Explorer 9が日本時間4月26日午前0時にリリースされました。海外ではパフォーマンスやインタフェースの大幅改善が施され、IEの復権のカギとも目されているIE9のインタフェースを確認してみたいと思います。

上図を目にして最も気になるのが、ヘッダーの簡素化です。アドレスバーとタブが並列になり、余計なアイコンは隠され、Google Chromeのようなメニュー展開になっています。Firefoxもそうですが、やはり「Simple is the best!」といったところでしょうか。さらにデフォルトではステータスバーも非表示になり、ユーザビリティの向上を実現しています。筆者もこれを目にし、今までの野暮ったいIEのイメージが変わりました。

タスクバー固定

もう一つ特徴的な新機能としてアプリ(ウェブサイト)のタスクバー固定があります。一見、これまでとの違いがないように思えますが、ブラウザを起動していない状態でもアイコンを右クリックすると上図のようにメニュー展開され、任意のページにジャンプすることができます。

タスクバー固定

この他にもステータスバーが非表示になったため、ダウンロード時には通知バーが表示されたり、アドレスバー内で検索が実行できるなど他のモダンブラウザに追随する機能も実装されています。

アドオンが豊富ではないため、開発ツールには成り得ませんが、エンドユーザーのブラウザとしては納得の行く出来ではないでしょうか。

問題はIE9が主軸になる時期です。現状、IE6や7を使用するユーザーは数多く存在し、IE8ですら普及し切っていません。また、IE9はWindows XPをサポートしていませんが、実のところ、マーケットシェアの多くはXPです。この課題にマイクロソフトがどのように取り組むのか、これまで通り、時流に任せていれば、せっかくの高品質ブラウザも復権のカギには成り得ないでしょう。