ウェブアプリケーションのデスクトップ化 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ウェブアプリケーションのデスクトップ化

インターネットの技術は日々進化し、WEB2.0という概念が世の中に浸透していく日もそう遠い未来ではなくなっているのかもしれません。これまでパソコン利用者はインターネットを情報閲覧の道具として利用してきました。しかし、動画配信やウェブアプリケーションの台頭によりその用途は拡大しています。

ここで考えたいのは、ウェブアプリケーションとデスクトップアプリケーションの違いです。オフィスソフトウェアを例に取り上げた場合、前者はGoogleドキュメント(以下:GD)、後者はMicrosoft Office(以下:MSO)が挙げられるでしょう。

利用者数を見るとマーケットシェアは圧倒的にマイクロソフトです。何故か?理由はたくさんあります。パソコンの普及とともにMSOも普及し、人々は慣れきっています。機能も充実し、デスクトップ上からダブルクリックすれば目的の資料を閲覧・編集することができます。

インターネットの入口は検索サイトと言われていますが、それ以前にパソコンの入口はデスクトップです。デスクトップ上にインターネット・エクスプローラー(以下:IE)はあり、MSO(EXCEL, WORD, POWERPOINT)も同様です。つまり、ウェブアプリケーションにアクセスするにはIEを立ち上げなければならず、直接起動できるMSOと比べ、アクションが増えてしまい、エンドユーザは抵抗を覚えます。ウェブアプリケーション側からするとこの課題を解決しなければ良いサービスとは言えません。

この解決手段としてGoogleがGoogle Gearsというサービスを提供し、それを標準装備したブラウザが「Google Chrome」です。

Google Chrome

Google ChromeでGDを開き、新規作成また既に作成したドキュメントを開きます。この状態で上図のように「アプリケーションのショートカットを作成」をクリックし、下図のように作成場所を指定し、OKを押下します。

ショートカットの作成

するとデスクトップ上に以下のアイコンが表示されるので、あとはこれをダブルクリックするだけで直接ドキュメントを表示し、編集することが可能になります。すなわちMSOと同じアクションになるわけです。

デスクトップアイコン

このようにGoogle Chrome(Google Gears)を利用することでウェブアプリケーションのデスクトップ化が可能になり、エンドユーザからするとデスクトップアプリケーションとの違いを意識することがなくなります。しかし、技術的観点からはまったく異なる二つのサービス。ウェブのキーワードのひとつは共有化です。デスクトップ上のMSOデータを共有化することはエンドユーザには敷居の高い作業ですが、GDであればすでに共有化された状態にも等しいと言えるでしょう。

機能面でデスクトップアプリケーションに劣ることは否めませんが、それ以上のメリットをエンドユーザが認識したとき、WEB2.0は実現されるのかもしれません。

(Visited 45 times, 1 visits today)