モバイルでもブラウザ市場争奪戦の予感 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

モバイルでもブラウザ市場争奪戦の予感

IE, Firefox, Google Chrome, Safari に次ぐウェブブラウザとして知られるOperaが iPhoneのオフィシャルアプリとしてApp Storeにモバイル向けブラウザ「Opera Mini」の申請を行っていることがプレスリリースにてアナウンスされていました。申請は通過し、近日中にもインストールできるようになります。

iPhoneと言えば、標準のウェブブラウザとしてSafariがありますが、これに代わるものが今回のOperaです。Opera側では「ブラウジングスピードと独自のデータ圧縮技術による通信費の削減」をアピールしています。閲覧サイトにもよりますが、確かに3G環境でのSafariのスピードにはわずかながらもストレスを感じるユーザがいることは事実です。これがOperaにより改善されるのであれば利用者として嬉しい限りです。

今回のOperaの動きをモデルにFirefoxやGoogle ChromeがiPhoneのオフィシャルアプリとして登場する可能性も十分にあります。

パソコンにおけるブラウザ市場では、前述したブラウザが熾烈な市場争奪戦を繰り広げ、FirefoxがIEの牙城を崩しに掛かり、そこにGoogle Chromeが手を掛けようとしている状況です。Operaは全体のシェアからすれば、まだまだ大きな影響力も持っていませんが、モバイル分野ではかなり知名度が上がってきていると思います。

パソコンだけではなく、様々なデバイスをプラットフォームにブラウザ市場争奪戦が展開すれば、IEの牙城を崩すことも現実味を帯びてきます。その第一段階として今後、モバイル市場での争いが激化することは十分に考えられます。

KEYWORD