EPS・AIファイルを別の画像形式に変換する方法 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

EPS・AIファイルを別の画像形式に変換する方法

画像編集ソフトウェアのデファクトスタンダードと言えば、Adobe Photoshop/Illustratorでしょう。画像編集に携わるほとんどの方がこれらのソフトウェアを使用して作業をしていると思いますが、個人利用レベルでは価格が高すぎてなかなか手が出ません。

そこで無償ソフトウェアを代替として検討するのですが、(Photoshop)とAI(Illustrator)を取り扱えるものは限られてきます。EPSについては、以前、本サイトでご紹介したGIMPで対応可能です。

AIについては、XnViewが良いでしょう。ただし、XnViewは閲覧がメインであり、編集機能は備えていません。そこで一度、XnViewの変換機能を使用して、JPGやPNGなどのファイル形式に変換を行い、GIMPなどの画像編集ソフトで加工を行います。XnViewはEPSも他の画像形式に変換できるため、無償ソフトウェアで固めるのであれば、GIMPとの組み合わせがお勧めです。

XnView

尚、GIMPおよびXnViewでEPS/AIの編集するためにはGhostscriptをインストールする必要があります。

個人的な経験からIllustratorを使用しないAIの取り扱いには悩まされている方は多いと思いますので、是非、お試しください。ただし、冒頭に書いたようにXnViewは、個人利用目的(非商用利用)に限られていますのでご注意ください。

  • GIMP 2.6 スーパーリファレンス for Windows&MacintoshGIMP 2.6 スーパーリファレンス for Windows&Macintosh
  • 本日の一冊

    本書は、フォトレタッチソフトGIMP2.6の初心者から中級者を対象にしたGIMPの入門書としては最も詳しい内容の解説書です。はじめて使う初心者の方から、スナップ中心のデジタルカメラユーザー、またはハイアマチュアの一眼レフユーザーの方等を対象に、GIMPのほぼすべての使い方を機能の説明と操作の手順を追って説明し、使いこなしができるようになるためのビジュアルリファレンスブックです。

KEYWORD