JDeveloperをMac OS X Lionにインストールする方法 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

JDeveloperをMac OS X Lionにインストールする方法

JDeveloper

オラクルが提供するJDeveloperは、EclipseやNetBeansと並び統合開発環境()として人気の高いソフトウェアのひとつですが、 OS Xにはインストーラーが用意させていません。今回はLionを対象にインストール方法をご説明致します。

STEP0 前提条件

まずは、LionにJDK6がインストールされていることをご確認下さい。準備ができたら次のステップに移ります。

STEP1 インストーラーのダウンロード

Studio Edition Generic

ダウンロードページよりライセンスに同意した上で、「Studio Edition(Generic)」をダウンロードします。2012年2月現在、バージョンは「11.1.2.1.0」となっています。

STEP2 スクリプトの作成と実行

以下のスクリプトをテキストエディタに貼り付け、「jdev_on_.sh」として任意の場所に保存します。

#!/bin/bash
mkdir /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6
mkdir /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/bin
ln -s /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/bin/java /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/bin/java
ln -s /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/bin/javac /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/bin/javac
ln -s /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/bin/javap /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/bin/javap
ln -s /System/Library/Java/Support/Deploy.bundle/Contents/Home/bin/javaws /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/bin/javaws
ln -s /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/bin/jar /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/bin/jar
ln -s /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/bin/xjc /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/bin/xjc
mkdir /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/lib
ln -s /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/classes/classes.jar /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/lib/tools.jar
mkdir /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/jre
mkdir /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/jre/bin
ln -s /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/bin/java /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/jre/bin/java
mkdir /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/jre/lib
ln -s /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/classes/classes.jar /system/library/java/javavirtualmachines/1.6.0.jdk/contents/home/jdk6/jre/lib/rt.jar

上記ファイルを作成したらターミナルを起動し、「jdev_on_lion.sh」に対し、以下のコマンドを実行します。sudoコマンドを実行する際にルートパスワード入力が必要です。

chmod +x // パーミッションの変更
sudo ./jdev_on_lion.sh // スクリプトの実行

STEP3 インストーラーの実行

続いてSTEP1でダウンロードしたファイルをダブルクリックします。インストーラーが起動するまで少々時間が掛かりますので、しばらくお待ちください。プロセスが始まった後は、表示に従い、「次へ」で進めていきます。デフォルトのインストールパスは、[Macintosh HD] – [ユーザ] – [ユーザ名] – [Oracle] – [Middleware] – []になります。その中に「JDeveloper.app」がありますので、次回以降はそちらを起動して下さい。

  • Oracle JDeveloper 11g スタートガイドOracle JDeveloper 11g スタートガイド
  • 本日の一冊

    日本オラクルが執筆したオフィシャルガイドブック。JDeveloperを使用した開発をこれからはじめられる方のためのスタートガイドです。