Mac内の動画ファイルをApple TVに転送再生 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Mac内の動画ファイルをApple TVに転送再生

撮り貯めた動画ファイルをブルーレイやDVDに焼くのが面倒でハードディスクに放置されている方は多いと思います。もし、あなたがMacユーザで、 TVをお持ちであれば、Mac内の動画ファイルをApple TVに転送再生することが可能なのはご存知でしょうか。

まずは以下をご用意(インストール・設定)ください。

VLC Media Player

Apple TVに転送再生できる動画ファイルは、VLC Media Playerで再生できることが前提になっているようです。無料のソフトウェアですので、インストールの上、まずは、再生可能であるか確認して下さい。

HandBrake

VLC Media Playerで再生できない場合やDVD等のメディアに焼き付けている場合は、HandBrakeを使用してエンコード変換を行なってください。こちらも無料ソフトウェアになります。

インストールし、起動すると下図の画面が上がりますので、エンコード変換を行う動画フォルダを指定し、右横のリストから「AppleTV 2」を選択してください。「Destination」に出力先を指定し、「Start」を押下すれば、あとはしばらく待つだけです。

HandBrake

AirFlick

実際に動画ファイルをApple TVに転送再生するソフトウェアがAirFlickです。ダウンロードページにある「AirFlick-***.zip」を解凍してご利用ください。

Apple TVを事前に起動し、「Drag Files Here」に再生したい動画ファイルをドロップし、再生ボタンをクリックすると、Apple TV側で再生が始まります。

AirFlick

手順は以上になりますが、Apple TVとMacは同一ネットワーク内にあることが前提ですので、ご承知おきください。