文字入力補助機能(IME)の無償化が進む | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

文字入力補助機能(IME)の無償化が進む

本日の「日本語入力ソフト「IME2010」が無料に」という記事に目を引かれました。そもそもIMEとは文字入力を補助する機能であり、漢字変換や入力候補のリストアップなどをしてくれるパソコンを使用する上で欠かすことのできないソフトウェアです。

パソコンを購入すると標準で言語バー(WinXP SP3以上の場合、「Microsoft Standard 2002」)というIMEがインストールされていますが、マイクロソフトオフィス(以下:MSO)2007をインストールすると「Microsoft Office 2007」という上位クラスともいうべきIMEが利用出来るようになります。しかし、これはMSO2007を購入するという有償での対応になっていました。

これがIME2010では、MSO2010を購入しなくても既存でMSOXP以上(OS: XP SP3以上)を所有しているのであれば無償でダウンロードできるというのが今回の趣旨になります。

Windowsを利用する上でマイクロソフトが提供するIMEは一番安定性が高く、実績があるので、多くの方がこれを利用しています(もっとも他のIMEの存在を知らないという利用者の方が大半でしょう)。

しかし、他にもIMEを無料提供している企業はあります。特に最近注目を集めているのが、「グーグル日本語入力」です。その名の通り、提供元はグーグルになります。現在はベータ版ということで信頼性に問題はありますが、パーソナルユースであればマイクロソフト以上の利便性があるのではないかと感じています。

その最大の理由は「サジェスト機能」です。頻繁に入力する単語をIMEが記憶し、次回以降の入力の際、数文字打ち込むだけで単語をリスト表示してくれます。また、グーグル特有の情報収集能力を生かし、インターネット上に無数に存在する語彙を拾い上げ、巨大な辞書を作り上げています。ベータ版でこの出来ですから、今後の飛躍には大きな期待が持てます。

マイクロソフトがIME2010を無償化にした理由の詳細は分かりませんが、昨今のオープンソースやグーグルの台頭がちらついていることは間違いないでしょう。

(Visited 534 times, 1 visits today)