ホームページ作成ツール | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ホームページ作成ツール

初めて自分でホームページを作成される場合、HTMLをゼロから書いていくには少し抵抗があると思います。そこでまず頭に浮かぶのが視覚的にホームページを作成できるソフトウェア。

インターネットで検索すると初心者向けとして一番に引っかかるのはIBM社より販売されている「ホームページ・ビルダー」でしょう。これはマイクロソフト社のオフィスを使い慣れている方であれば、限りなく直観的に使用することができます。多少練習すればそれなりの体裁を表現することもできるはずです。

ホームページの基礎はHMLとCSSで、同製品ではもちろんこの両者を作成することが可能です。しかし、初心者の方はHTMLとCSSの関係が上手くつかめず、結局HTML中心の作成をしてしまうケースが多いようです。これは当然のことでHTMLとCSSの概念や実装方法を理解できれば視覚的に作成する必要はなくなり、より完成度を上げるためにソースコードベースの作成方法に移っていくからです。

プロの現場で最も利用頻度が高い製品はアドビ社の「Dreamweaver」です。ホームページビルダーよりも機能が拡張され、HTMLやCSSを直接コントロールする場合には使い勝手が良く、他のアドビ製品との連携が良いというのが人気の理由でしょう。この他にもオープンソースの「Eclipse」の拡張機能である「Aptana」を使用する場合もあります。ここまで来るとシステムへの知識もかなり必要とされるので初心者にはハードルが高いかもしれませんが、興味のある方は実際に利用してみるのもいいと思います。

ホームページの作成には、この他にも画像編集やFLASHなどの動画、さらにはSEOと関連技術や知識が幅広く必要とされるため、完成度を高めようとすると大変な作業工程が発生します。また、国際的にHTMLやCSSのコーディングポリシーをW3Cという機関が発表しており、簡単な審査に通ると承認シールが発行され、サイト上での掲載が許され、ひとつの品質保証基準にもなっています。

最近では、運用効率の向上やSEO対策を意識した開発環境としてCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)を採用する企業も増えてきています。

これからホームページ作成を始めようとされている方がいらっしゃいましたらホームページ・ビルダーは非常に有用なソフトウェアです。その後、オープンソースベースの開発を行っていきたいのであればEclipseを中心としたソフトウェア群を、画像や動画処理などの関連作業や効率化を意識するのであればアドビ社の製品群を選択されることが良いと思います。