SNS | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

SNS

ミクシィページがついに始動!

  • mixi
  • 「mixiでもファンページ採用の兆し」という記事を書いてから約9ヶ月を経て、ついにミクシィページがサービスインされました。ローソンやディズニーなど一部の企業は既にファンを集めだしています。

Facebookへのアクセス状況がすごい!

  • Facebook
  • グーグルが提供する「Ad Planner」の発表によると2011年6月のFacebookのページビューが1兆に達したとのことです。これはYouTubeの10倍、Twitterの100倍以上の数字になります。日本でも14億ページビューと高い数字を記録し、今後も成長が続くでしょう。

トヨタもソーシャルカーへの取り組みを開始

  • ソーシャルメディア
  • 昨日、トヨタ自動車がセールスフォースと協同して、自車に「トヨタフレンド」と呼ばれるSNSを搭載することを発表しました。これにより自動車が電池残量を教えてくれたり、所有者と販売店をつなぐなど自動車のソーシャルメディア化を目指していく狙いがあるようです。

今度はソーシャルメディアフォンの時代

  • ソーシャルメディア
  • TechCrunchが噂のFacebook(フェイスブック)フォン「INQ Cloud Q」の開発機の動画配信を行いました。OSには、Androidを使用し、Facebookへの最適化を施していると述べられています。イギリスでは5月頃、アメリカでは年末あたりに発売が開始されるようです。

mixi でもファンページ採用の兆し

  • mixi
  • 株式会社ミクシィ 代表取締役社長 笠原健治氏が同社が運営するSNSサイト「mixi」において、Facebookのファンページに値するサービスを無償提供する予定があることを発表しました。詳細については別途、イベントにて公表するとのことですが、これが実現されれば、企業を中心にマーケティング活動に与える影響には大きなものがあります。

mixi meetup 2010 参加レポート

  • mixi
  • 2010年9月10日に開催された「mixi meetup 2010」に参加させていただきました。SNSとして国内でその地位を不動のものとしたmixiがインターネットにおける「ソーシャル」をどのように考え、どこに向かおうとしているのかを垣間見ることができた貴重な体験でした。

情報の宝庫「Twitter Search」

  • Twitter
  • 「Twitter Search」はTwitterでつぶやかれた内容をキーワード検索し、RSS配信までしてくれる素晴らしいサービスです。国内外で利用者が増え続け、最近ではメディアにも広く取り上げられ、マーケティングに欠かすことのできなくなったTwitterをさらに強力にするツールとも言えます。

オープンソースの使い分け – ウェブサービス編

  • NO IMAGE
  • オープンソースといってもその種類や用途は様々です。導入に際して担当者は市場調査を行い、どういったソフトウェアがあるのか、また、要件実現のために最もフィットするものはどれか慎重に選択を行います。今回は、ブログ、SNS、ECサイトなど代表的ウェブサービスに関連したオープンソースをご紹介します。

SNSを使用した個人認証システムが増加する

  • NO IMAGE
  • 世界ではFacebook、国内ではmixi、SNSの利用者は今も増え続けています。そして、それらSNSで登録したプロフィールをもとに会員登録を簡素化するウェブサイトが増え始め、今後はさらに脚光を浴びるようになるでしょう。この技術をFacebookでは「Facebook Connect」、mixiでは「mixi Connect」と呼んでいます。

アウトドア派に向けたSNS「EveryTrail」

  • NO IMAGE
  • SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)も成熟期を迎えようとしている感もありますが、最近では利用者や目的を絞ったサイトが増えています。また、iPhoneなどの新型デバイスとの連携により更なる発展を目指す動きもあります。EveryTrailもそのひとつであり、アウトドア派の利用者に向けたサービスを展開しています。

マイクロブログ vs ブログ vs SNS

  • NO IMAGE
  • twitterや先日オープンしたアメーバなうなど、今、ソーシャルメディアにおいて最も注目を集めているのはマイクロブログです。これまでブログやSNSなど次々に新しいソーシャルメディアが誕生してきましたが、マイクロブログはこれらと何が違うのでしょうか。

マイクロブログ市場に人気集中!

  • NO IMAGE
  • twitterを皮切りにマイクロブログサービスを展開するサイトが急増しています。Facebook, mixi, GREEなどのSNSが真っ先にtwitterを追随し、アメブロを運営するサイバーエージェントも「Amebaなう」という名称で12月8日よりサービスインすることを発表しました。

中小企業こそソーシャルメディアを活用しよう!

  • NO IMAGE
  • インターネットが主要通信手段となり、様々なウェブサービスが世の中に産み落とされてきましたが、それをビジネスシーンにおいて活用する動きはまだまだ稀です。一部の大手企業では広報活動の一環として積極的に利用しているようですが、中小企業こそ、これらサービスによる利益を享受してほしいと考えます。

SNSの進化

  • NO IMAGE
  • SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、インターネット上で不特定多数のユーザ同士がコミュニケーションを取ることが出来るウェブサービスです。国内ではmixiやGREE、世界的にはfacebookやMySpaceが有名ですが、ユーザは新しいサービスを求め続け、SNSの運営者は常に進化し続けることを求められます。

WordPress – BuddyPress 導入事例 Part 1

  • NO IMAGE
  • アメブロやはてなブログのようにマルチユーザによる利用を可能とするWordPress UM。そこにプラグインであるBuddyPressを加えることでSNSへと変貌するのですが、最近、このBuddyPressが脚光を浴びているようです。その導入事例(サイト)を幾つかご紹介させていただきます。

総務省によるブログ・SNSの経済効果の推計

  • NO IMAGE
  • 7月13日、総務省情報通信製作研究所が2008年度の「ブログ・SNSの経済効果に関する調査研究」の結果を公表しました。これはブログやSNS上で事業者やユーザ(登録者)が 得られる収益とそこから派生する関連収益を集計したものです。

ソーシャルメディアの可能性と用途

  • NO IMAGE
  • 近年、トレンドとして扱われているソーシャルメディアですが、ここには大きな可能性と用途が内在しています。ソーシャルメディアとは、mixiのようなSNSやYouTubeのような動画サイト、はてなのようなソーシャルブックマークも含まれ、インターネットを介して人々がコミュニケーションを図るサービスの総称として使われています。

2009 Webware 100 – ソーシャルネットワーク部門

  • NO IMAGE
  • 「Webware」というサイトをご存知でしょうか。CNETが提供する世界のウェブサービスを紹介する情報サイトです。そのWebwareの読者を対象に毎年、アンケートを行い、その年の注目すべきウェブサービスを10カテゴリに分類し、それぞれ10サイト、計100サイトを選りすぐった「Webware 100」が今年も発表されました。

ウェブサービスを立ち上げる上での障壁

  • NO IMAGE
  • インターネットが普及し始めた頃から世界のサービスの在り方は変わり始めました。ネットショップ、ブログ、SNS。法規制緩和もあり、次々に新しいサービスが生まれています。起業を考えている方も少なからずインターネットを視野に入れているはずです。

ソーシャルメディアとしてのWordPress

  • NO IMAGE
  • 昨今、成長著しいソーシャルメディアですが、その中に含まれるテクノロジーは多種多様です。SNSを筆頭に、ソーシャルブックマーク、ブログ、YouTubeのような動画サイト、Twitterのようなリアルタイムショートブログ、コンセプトこそ違えどすべてソーシャルメディアに分類されます。

企業内コミュニケーション

  • NO IMAGE
  • OpenPNEで有名な株式会社手嶋屋の代表取締役である手嶋守氏のブログで「OpenPNEで会社組織の「絆」をつくる」という投稿を拝見させていただきました。確かに企業では外的コミュニケーションと内的コミュニケーションであり、後者については積極的な取り組みや効果を顕著に目にすることがありません。

2008 – 2009 ソーシャルネットワークサイトランキング

  • ソーシャルメディア
  • ソーシャルネットワークとは、SNS、ブログ、ソーシャルブックワーク、共有動画などに代表されるようにネット上でコミュニケーションを可能とするウェブサービスのことですが、これについて昨日のCompeteのブログに非常に興味深いデータが掲載されていたので、転記させていただきます。

2008-2009 SNSマーケットシェア

  • NO IMAGE
  • オンラインメディアの市場は年々拡大傾向にありますが、その中でもSNSは急成長を遂げ、様々なビジネスの形を作り出しています。今回はそんなSNSのマーケットシェアを国内および海外(グローバル)のユニークユーザ数から見てみたいと思います。尚、調査対象期間は「2008年1月~2009年1月」となっています。

国際語学学習SNSサイト – Lang-8(ランゲート)

  • NO IMAGE
  • Lang-8(ランゲート)は、外国語を学びたい人を支援してくれるSNSサイトです。2007年にできたばかりのサイトでまだ1年ほどしか経っていませんが、登録者数約29,000人(2009年1月現在)と上々の滑り出しをしています。

SNSで必要なのは社交性?

  • NO IMAGE
  • 現実の社会でも人脈を作るには社交性が必要なように、SNSの世界でも社交性は人とのつながりを広げる上で大切な要素です。SNSを利用されたことのない方は「インターネットのバーチャル空間でなんで社交性が必要なんだ」と感じるかもしれませんが、もはやSNSはバーチャルの世界を超えています。

ワイン愛好家向けSNS「Snooth」

  • NO IMAGE
  • SNSが浸透し、mixiやGREEのような総合SNSサイトからマーケットは特定の分野に特化した専門SNSサイトに注目し始めています。今回、ご紹介する「Snooth」はワインに特化したSNSサイトです。英語環境しかないのが残念ですが、ワイン愛好家であれば、情報収集元にしても良いかもしれません。

 1 2 Next