マイクロソフト | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

マイクロソフト

Windows 8 をプレビュー!

  • Windows
  • 現在、マイクロソフトでは、開発者向けに「Windows 8 Developer Preview」を配布しています。英語環境のみであり、一般向けではないので、通常利用はできませんが、新たなインタフェースを実感したいという方はお試し下さい。そうでない方も画面イメージをご確認下さい。

Microsoft OneNote for iPadの可能性

  • Microsoft OneNote
  • 2011年12月12日、マイクロソフトより「Microsoft OneNote for iPad」がリリースされました。同アプリは、マイクロソフトが提供する無料オンラインストレージ「SkyDrive」やOneNoteのウェブ版・デスクトップ版と連動したメモアプリで、書き込んだ内容を同期させることが可能です。

スマートフォン選定基準として考えておきたいこと

  • モバイル
  • iPhone, Android, Windows Phone, スマートフォンでは主流OSだけでも3種類存在し、端末種類になればさらに枝分かれします。現在、フィーチャーフォン(ガラケー)をご利用の方で乗り換えを検討されている方は頭を悩まされているのではないでしょうか。

Internet Explorer 9のインタフェースを確認

  • Internet Explorer
  • 東日本大震災の影響から延期されていたInternet Explorer 9が日本時間4月26日午前0時にリリースされました。海外ではパフォーマンスやインタフェースの大幅改善が施され、IEの復権のカギとも目されているIE9のインタフェースを確認してみたいと思います。

OpenOffice.org 導入事例 – 山形県庁

  • OpenOffice.org
  • 山形県庁では、2011年7月に現在使用中のマイクロソフト「Office XP」のサポート終了に伴い、ライセンスの再購入ではなく、OpenOffice.orgの導入(約2600台)を決定しました。今後は、他のバージョンもサポート終了に伴い、順次、OpenOffice.orgにリプレースすることを発表しており、全台で約5600台に及ぶとされています。

マイクロソフトがOpenOffice.orgを意識している

  • OpenOffice.org
  • 上にある動画においてマイクロソフトはオフィスの有用性をOpenOffice.orgと比較して述べています。以下にその主張するところをまとめていますが、ほとんどがMSO本位の内容であり、国際標準規格とされるODFに対する見解は含まれていません。

OpenOffice.org 導入事例 – 大阪府交野市

  • OpenOffice.org
  • 2010年7月に大阪府交野市が同市ホームページにおいて市役所内の事務処理用PC全台にOpenOffice.orgの導入を発表しました。大阪府内での全面採用としては初めての事例であり、2011年4月には、国際標準フォーマット(ODF)を公式保存文書データとすることを謳っています。

iPadをビジネスで携帯する

  • NO IMAGE
  • 最近では、営業が出先でおもむろにPCを取り出す場面をよく目にします。商談やプレゼンテーションの際にはPCのデータを見ながら話すことも多いでしょう。しかし、PCでは正直、機能面で過不足があります。実際には表計算、文書作成、プレゼンテーションが中心です。そういった用途であれば、iPadはどうでしょう?

Outlook 2003 から Windows Live Mail への移行

  • Microsoft Office
  • おそらくこの記事に目を通していただいている方は、Outlook 2003(以下:Outlook)〜Windows Live Mail(以下:WLM)への移行で悩まれている方だと思います。そして、その多くは「Windowx XP〜Windows 7」への移行でもあるのではないでしょうか。筆者も素直に移行できず、少々苦戦したので、覚え書きとしてその方法を記載させていただきます。

マイクロソフトオフィス – 無償ウェブ版をついに公開

  • Microsoft Office
  • 米国時間の2010年6月7日、マイクロソフトがついにOffice 2010のウェブ版を無償で公開しました。Windows Liveのアカウント持つユーザであれば、こちらより入ることで既に使えるようになっています。ただし、日本語サイトから入っても使用できないのでご注意ください。(使用時は日本語環境に対応しています。)

OpenOffice.org 3.2.1 リリース

  • NO IMAGE
  • オラクルによるサン・マイクロシステムズ買収後、初となるOpenOffice.orgのアップグレードが行われました。機能面ではバグ修正がメインになりますが、大きく変わったのがロゴです。個人的には、立体感のある円形とシンプルな色遣いが印象的で以前よりも強くブランドを感じます。

Ubuntu 9.10 の画面レイアウトをWindows風に変更

  • Ubuntu
  • デスクトップ系Linuxとして人気を集める「Ubuntu」は、ITプロだけではなく、官公庁・教育機関においても採用が相次いでいます。確かに機能が豊富でユーザビリティにも優れていますが、それだけでは一般利用者には敷居が高いと思います。

文字入力補助機能(IME)の無償化が進む

  • NO IMAGE
  • 本日の「日本語入力ソフト「IME2010」が無料に」という記事に目を引かれました。そもそもIMEとは文字入力を補助する機能であり、漢字変換や入力候補のリストアップなどをしてくれるパソコンを使用する上で欠かすことのできないソフトウェアです。

オフィススイート市場争奪戦

  • NO IMAGE
  • マイクロソフトから間もなくOffice 2010が販売されようとしています。既にベータ版の配布は開始され、テスト利用されている方もいるでしょう。正式リリース後も機能は限定されますが、ウェブ版は無償提供されることになっており、マイクロソフトの真剣な取り組みが伺えます。

タブレットPCが主流になる日が来る

  • NO IMAGE
  • 先日、「アップル – 話題の新デバイス「iPad」の位置付け」という記事を書かせていただきました。その中で筆者は「年末にかけて、今度はChrome OSを搭載したネットブックが販売される予定になっています。そうなるとこちらはiPadと比較されるでしょう。」と書かせていただきましたが、その可能性がさらに強まっています。

Window 7 発売明日に迫る!

  • NO IMAGE
  • 1年以上前から様々なメディアに取り上げられてきたマイクロソフトの新OS「Windows 7」の発売がいよいよ明日に迫りました。Windows Vistaを知らない方には、その違いが分からないでしょうが、簡単に言えば、より早く、より直感的に使用できるようになったとされています。

資料作成で気を付けておきたいこと

  • Microsoft Office
  • 仕事上、取引先に見積書や提案書など各種資料をメールに添付して送ることがあると思います。しかし、受け手側では送られてきた資料を開くことができないといったことが多々あるのです。これは送信者側の設定の問題であり、相手のパソコン環境を考慮して資料作成を行う必要があります。

Windows 7 出荷への最終段階へ

  • NO IMAGE
  • 本日、マイクロソフトより次期OS「Windows 7」に関するパブリックコメントが発表されました。一般発売は10月22日とし、開発工程は完了、製造段階へ移行し、PCメーカーでも搭載の準備に入ったとしています。以下がパブリックコメントの抜粋になります。

マイクロソフトのウェブブラウザ市場戦略の一端

  • NO IMAGE
  • 現在、世界のウェブブラウザ市場を牽引しているのは間違いなくマイクロソフトのIEです。一方でFirefoxなどの他のブラウザも急成長を遂げ、IEはその地位を脅かされています。そこに追い打ちを掛けるように独占禁止法により新OSでは初期設定時に複数のブラウザの中から任意のものを利用者が選ぶという方向性で進んでいます。

Windowsを必要としない日は来るのか?

  • NO IMAGE
  • Windows 95が発売され、パソコンが世界に普及して以来、 市場はマイクロソフトの独壇場でした。近年になってアップルのMAC OSXが持ち返し、Linuxなども徐々に利用者が増えてきましたが、まだまだWindowsの勢力は他を圧倒しています。直観的な操作性に優れ、低価格に抑えられたパソコンは当然のことながら消費者の心を掴みます。

マイクロソフトオフィス – ODFに対応

  • NO IMAGE
  • 4月末にマイクロソフトオフィス(以下:MSO) 2007のサービスパック(SP2)が配布されましたが、これにはMSOのオープンソースへの歩み寄りを感じさせるものがあります。それはオープンドキュメントフォーマット(以下:ODF)への対応です。

マイクロソフト・オフィス無料化へ

  • NO IMAGE
  • 以前より囁かれているマイクロソフト・オフィスの無料化ですが、グーグル・ドキュメント同様、ウェブ版での実現となりそうです。広告掲載により収益を確保し、他のオフィススイートや海賊版ソフトウェアに流れた利用者を引き戻し、収益モデルの立て直しを狙っているようです。

ウェブサイト制作ソフトウェア – Microsoft Expression Web

  • NO IMAGE
  • ウェブサイト制作のソフトウェアにおけるデファクト・スタンダードと言えば、「Adobe Dreamweaver」ですが、オープンソースも含め、市場には多くのソフトウェアが存在します。当然のことながらソフトウェアのモンスターカンパニーであるマイクロソフトも対抗馬として「Microsoft Expression Web」という製品を販売しています。

ソフトウェアのバージョン情報について

  • NO IMAGE
  • 「Internet Explorer 7」おそらくほとんどの方が耳したことのある単語です。マイクロソフトは配布しているインターネットブラウザの最新バージョンです。それでは最後に付く「7」とは何か。予想はつくと思いますがバージョン情報です。つい最近まではこれが「6」でしたし、年末年始あたりには「8」が出るそうです。

ICTによる小学生の勤勉意欲向上への取り組み

  • NO IMAGE
  • 本日のNikkei BPの中で「マイクロソフト、青山小学校で次世代の教育環境を公開」という記事が掲載されていました。東京都港区立青山小学校において取り組まれているタブレットPC等を利用したICT教育体制とそれによる生徒の学力向上が立証されたという報告です。

検索エンジンシェア – ヤフーとグーグルの覇権争い

  • NO IMAGE
  • インターネットの世界において検索エンジンの存在は絶対的なものであり、誰もがそのことを認識していると思います。単に調べものをする際、旅行の計画を立てる際、買物をする際、多かれ少なかれ検索エンジンの力を借りている人は多いはずです。

 1 2 Next