マーケティング | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

マーケティング

位置情報と行動ターゲティング

  • geo
  • 最近、『行動ターゲティング=位置情報連動型広告』と捉えている方が少なくありません。これは、はじめて行動ターゲティングに携わるプランナーや営業担当者が陥りがちなパターンなのですが、似て非なるものです。

オンライン広告における行動ターゲティングの可能性

  • geo
  • 昨今、位置情報(行動ターゲティング)を活用したモバイル広告が注目を集めている。GPS, Wifi, Beaconなど様々なテクノロジーを活用してユーザの位置を捉え、それをもとにオーディエンスを構築していくという手法である。

Twitterの実績と統計

  • Twitter
  • 現在、Twitterは登録ユーザ数5億、一日あたりのツイート数330億になるウェブメディアです。そのTwitterに関して「Social Media Today」が興味深い情報を掲載していました。本内容はその一部抜粋になり、これまでの軌跡と成長、今後の可能性について触れています。

Pinterest – 海外で急成長を遂げるソーシャルピンボードの可能性

  • Pinterest
  • 今、海外メディアを賑わせている新たなソーシャルメディアに「Pinterest」があります。公開後間もなく、現在もメールリクエストによる招待制になっているにも関わらず、月間1200万ユーザを記録し、過去に例を見ない急成長を遂げています。そのサービスを一言で例えるならば「ソーシャルピンボード」

RunKeeper – いいね!ボタン「Healthy」を公開

  • RunKeeper
  • スマートフォンのエクササイズアプリとして人気の高いRunKeeperがFacebookのいいね!ボタンに相当する「Healthy」を公開しました。RunKeeperは、日本語化が行われていないにもかかわらず国内利用者が多く、今後、健康関連のウェブサイトにおける導入が予想されます。

WordPressに関する数字

  • WordPress
  • Technolog.jpは「WordPress Advent 2011」に参加させていただいております。担当となる本日は、マーケティングの視点から「WordPressに関する数字」をまとめてみました。WordPressの普及具合を実感いただき、更なるご愛用をいただければ幸いです。

ソーシャルメディアダッシュボード「Crowy」リニューアル

  • Crowy
  • 2011年10月7日、純国産のソーシャルメディアダッシュボードとして注目を集める「Crowy」が大幅なリニューアルを行いました。UIの著しい向上、Facebookページやグループへの対応、Linkedinへの対応、SeesmicやHootSuiteにも肩を並べる勢いです。

ソーシャルメディアに関する数字

  • ソーシャルメディア
  • 大手ウェブマガジン「Mashable」がソーシャルメディアに関する数字を発表しました。ソーシャルメディアがいかにマーケティングに強力なツールであるかを裏付ける興味深いデータなので、一部抜粋を日本語訳させていただきます。

LibreOfficeの躍進

  • LibreOffice
  • OpenOffice.orgからフォークしたLibreOfficeはこれまで大きな躍進を見せてきました。Ubuntuへの標準搭載、グーグルを筆頭とするビッグネームのスポンサーシップ、迅速なアップデート、企業もLibreOfficeへの取り組みの姿勢を見せ、今後も注目が集まります

ソーシャルメディアにおけるグーグルの活路

  • グーグル
  • 最近、Facebook躍進の裏でグーグル存亡の危機を囁く声をよく耳にします。それだけ人々の生活にソーシャルメディアが浸透してきたのでしょう。元来、ソーシャルメディアと検索は同じベクトルで語るべきものではありませんが、完全に切り離すこともできないのは事実。

ChromebookがPC市場に与えるインパクト

  • Google Chrome
  • 先日のChromebook発表以降、メディアでは様々な内容が取り上げられました。本格的クラウドコンピューティングの幕開け、Androidとの棲み分け、諸説ありますが、それでは現状のPC市場に与えるインパクトはどうか考えてみたいと思います。

Springpadをソーシャルメディアとして使う!

  • Springpad
  • 通常、Springpadは、Evernoteとの競合として捉えられていますが、共有機能を使用することでソーシャルメディアに様変わりします。開始間もないサービスなので、このような使い方をしているユーザは稀ですが、今後の機能向上とともにニーズも高まる可能性があります。

フェイスブックページのご紹介 其の壱(企業編)

  • Facebook
  • 日本国内でFacebookが急速に普及し始め、それに伴いフェイスブックページへの注目度も急上昇しています。特に企業の取り組みは活発で、新たなマーケティングツールとして時流になりつつあります。今回は、そのフェイスブックページを幾つか厳選し、ご紹介させていただきます。

iPhone meets フランク・ミュラー

  • iPhone
  • 10万円を超えるiPhoneケース!本体よりも高額な値段にゼロの数を間違えているのでは・・・と目を疑ってしまいましたが、メーカーを確認して納得。高級時計メーカー「フランク・ミュラー」とのタイアップ商品となる「FRANCK MULLER JACKET for iPhone 4」は専用アクリルディスプレイスタンドが用意されるなど高級感を徹底した商品です。

個人利用者への更なるオープンソースの普及に向けて

  • オープンソース
  • オープンソースの認知度も上がってきましたが、それも社会全体から見れば、パソコン利用者の半数にも満たないでしょう。今後、更なるオープンソースの普及を進めていくには、オープンソースを認知していない層へのアプローチが必要となります。

mixi でもファンページ採用の兆し

  • mixi
  • 株式会社ミクシィ 代表取締役社長 笠原健治氏が同社が運営するSNSサイト「mixi」において、Facebookのファンページに値するサービスを無償提供する予定があることを発表しました。詳細については別途、イベントにて公表するとのことですが、これが実現されれば、企業を中心にマーケティング活動に与える影響には大きなものがあります。

HootSuite 新機能追加と有料プランを導入

  • HootSuite
  • マルチソーシャルメディアクライアントとして不動の地位を確立しつつある「HootSuite」が、この度、大幅な機能追加と有料プラン(Pro Plans)を導入しました。SEO/SEMを考慮した様々な外部サービスとの連携を中心に著しいサービス向上が図られました。

Facebook ファンページの使い方

  • Facebook
  • Facebookでは利用規約上、1人1アカウントしか作成することができません。プライベートとビジネスで別アカウントを設けるにはどうすればよいか?その答えが「ファンページ」です。アカウントとファンページの関係は「1 : n」なので、ファンページの数に制限がありません。

mixi meetup 2010 参加レポート

  • mixi
  • 2010年9月10日に開催された「mixi meetup 2010」に参加させていただきました。SNSとして国内でその地位を不動のものとしたmixiがインターネットにおける「ソーシャル」をどのように考え、どこに向かおうとしているのかを垣間見ることができた貴重な体験でした。

JA OpenOffice.org のトップページリニューアル

  • OpenOffice.org
  • この度、OpenOffice.org 日本語プロジェクトに参加させていただき、トップページリニューアルに携わらせていただきました。プロジェクトリードの中田さんやマーケティングプロジェクトコーディネーターの平野さん、全般的にご協力いただきましたグッデイの瀧澤さんをはじめ、プロジェクトの皆様には大変お世話になりました。

Android vs iOS

  • モバイル
  • 現在、スマートフォンおよびタブレット端末市場の牽引者はアップルであり、搭載されているOSは「iOS」です。そこに方を並べようとしているのがグーグルが無償提供する「Android」になり、今後の市場競争は間違いなく「Android vs iOS」という構造になるでしょうが、AndroidがiOSに取って代わることはあるのでしょうか。

新規インターネットビジネスの流れ

  • サイバーエージェント
  • 株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズがインターネットビジネス支援プロジェクト「STARTUPS 2010」を8月3日に開催します。近年、起業の多くはインターネットビジネスを基盤としていますが、その中にも時流があります。

ホームページにCMSを選ぶ理由

  • NO IMAGE
  • 従来、ホームページはページ単位でHTMLをコーディングし、その都度、メニューやリンクを編集しなければならず、サイト構成が変わるとそれこそリニューアルに近い作業が発生していました。しかし、CMSの出現によりデザイン、コンテンツ、機能をそれぞれ別々に管理できるようになり、制作時はもちろん、運用時においても大幅な費用削減が実現されるようになりました。

OpenOffice.org 3.2.1 リリース

  • NO IMAGE
  • オラクルによるサン・マイクロシステムズ買収後、初となるOpenOffice.orgのアップグレードが行われました。機能面ではバグ修正がメインになりますが、大きく変わったのがロゴです。個人的には、立体感のある円形とシンプルな色遣いが印象的で以前よりも強くブランドを感じます。

情報の宝庫「Twitter Search」

  • Twitter
  • 「Twitter Search」はTwitterでつぶやかれた内容をキーワード検索し、RSS配信までしてくれる素晴らしいサービスです。国内外で利用者が増え続け、最近ではメディアにも広く取り上げられ、マーケティングに欠かすことのできなくなったTwitterをさらに強力にするツールとも言えます。

OpenOffice.org 導入事例 – 三洋機工

  • NO IMAGE
  • 愛知県北名古屋市に本社を置く製造設備総合メーカー「三洋機工株式会社」がOpenOffice.orgを全社導入し、既存のマイクロソフトオフィス(以下:MSO)とリプレースすることで、2年間に約2500万円をコスト削減予測を打ち出しました。

 1 2 Next