Kindle | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Kindle

アマゾンの日本電子書籍市場参入がもたらす影響

  • Amazon
  • 日本の電子書籍市場が再加熱しそうな状況下で、アマゾンの参入は以前より注目を集め、おそらく来年内には大きな動きがあると誰もが想像しているはずです。これは米国で見られたような出版市場の変化であると共に、電子端末市場の変化でもあります。

ついにアマゾンが日本の電子書籍市場に進出!

  • Kindle
  • 本日の日本経済新聞の一面で世界書籍販売最大手のアマゾンが国内の出版社と電子書籍の販売に関して交渉の席にあるとの記事が掲載されていました。これまでソニーやシャープ、一部の出版社が個別に電子書籍の販売を行ってきましたが、これにより大きな変化が表れるかもしれません。

Kindle FireのAmazon Silkはどれほどすごいのか?

  • Kindle
  • 米国時間2011年9月28日にアマゾンが新製品の発表を行いました。以前よりiPadの対抗馬として噂されていた「Kindle Fire」と従来のeInkを採用した「Kindle」3機種です。Kindle Fireは$199で、11月15日出荷予定とされています。

国による電子書籍への取り組みの違い

  • 電子書籍
  • 2011年9月6日、出版社7社と作家122名より書籍電子化代行業者に対して質問状が送られました。同業は複製権侵害に当たるとして業務改善を求めるものです。これに対し、各社回答および改善を提示しました。その一例として自炊代行.comの内容をご覧ください。

Amazon Kindle Cloud Reader

  • Kindle
  • Amazon.comがSafariとGoogle Chrome上で動作する「Kindle Cloud Reader」をリリースしました。これまでKindleの書籍を閲覧するには専用端末またはアプリを必要としていましたが、これによりウェブブラウザから閲覧・購入が可能となります。

電子書籍普及によるマーケットへの影響

  • NO IMAGE
  • iPad, Kindle, その他幾つかの電子書籍端末が出回る中、電子書籍そのものが爆発的な人気に至らないのは、コンテンツの充実不足に原因があります。品揃えがない以上、消費者は書店に足を向けざるを得ません。しかし、その流れが徐々に変化しつつあります。

自分で書籍を電子化してみよう!

  • NO IMAGE
  • iPadやKindleなど電子ブックリーダーも徐々に広がりを見せ、近頃では電車の中でおもむろにiPadを取り出し、読書を楽しむ人の姿が目に付くようになってきました。筆者もKindleを愛用しているので、既存の書籍の電子化に注目しています。有償サービスもありますが、自ら電子化されてはいかがでしょうか。

Kindle – いつの間にかアップデートが完了

  • Kindle
  • 海外では以前より話題になっていたKindle 2.5へのアップデート。日本ではいつになるのか首を長くして待ちわびていましたが、先日、バージョンを確認するといつの間にか「Kindle 2.5.3(490488060)」となっていました。

低価格で書籍をPDFへ変換「BOOKSCAN」

  • NO IMAGE
  • KindleやiPadなどの電子ブックリーダーをお持ちの方の悩みの種は、書籍の電子化です。既存書籍はもちろん、新しい書籍についても現状の日本では電子化が進んでおらず、不満を抱いている人は少なくありません。それを低価格で実現してくれるサービスが「BOOKSCAN」です。

iPadの販売が近付き、Kindleの動向は?

  • NO IMAGE
  • iPadが米国で販売初日に約30万台を売り上げ、日本でも今月末発売予定とされる中、消費者からは大きな期待の声が聞かれます。iPadにはiBookという電子書籍アプリがあり、こちらも注目を集めています。そんな中、先行して販売されたアマゾンの「Kindle」はどういった行動を取るのか注目されます。

アップル – 話題の新デバイス「iPad」の位置付け

  • NO IMAGE
  • アップルの新デバイス「iPad」が各種メディアで取り上げられています。しかし、昨今の電子機器は複雑化し、消費者は流行を追いかけることに精一杯で、それぞれの位置付けが整理できていない気がします。まず「iPad」を知るためにはアップルのCEOであるスティーブ・ジョブスの話し(上動画)に耳を傾ける必要があります。

Kindle DX – PDFの取り扱いについて

  • NO IMAGE
  • 先日、「Kindle DX – 実際に使用した感想」でファーストレビューを書かせていただきましたが、その後、PDFの取り扱いについて幾つか試したことがありますので、レポートさせていただきます。

Kindle DX – 実際に使用した感想

  • NO IMAGE
  • 昨日、予約注文していた「Kindle DX」が手元に届きました。Kindle 2は知人のものを見せてもらったことがあるのですが、実際に吟味するのは今回が初めて。オートローテーションなどの新機能も加わったということで色々試してみました。

Kindleにより出版業界が大きく変わる

  • Kindle
  • Amazon.comが販売する電子ブックリーダー「Kindle」についてはこれまで何度か触れてきました。「「Kindle」は次なるアマゾンの起爆剤となるか?」では、その成長性に私見を述べさせていただきましたが、Kindleはそれ以上の変革を出版業界に与えようとしています。その引き金となるのが「Digital Text Platform」の存在です。

Kindle for iPhone を使ってみました

  • iPhone
  • 先日、世界60カ国以上に向けてリリースされた「Kindle for iPhone」を早速インストールし、使ってみました。これまでもiPhone向けの電子書籍リーダーは幾つか存在しましたが、KindleはiPhoneだけではなく、その他のデバイス間で同期を図れる上にアマゾンという圧倒的な書庫がバックグランドにあることが最大の利点です。

Kindle for PC

  • NO IMAGE
  • 先日、アマゾンが提供するKindleがベータ版ではありますが、パソコンやiPhoneでもアプリケーションとして配布を開始しました。お恥ずかしい話し、当初、Kindleとはアマゾンが販売する端末と勘違いしていましたが、アプリケーションそのものを意味していたようです。早速、パソコン版を検証してみました。

「Kindle」は次なるアマゾンの起爆剤となるか?

  • NO IMAGE
  • amazon.comが販売する電子ブックリーダー「Kindle」が注目を集めています。amazon.co.jpでもトップページからリンクを張り、オフィシャルに販売を進めていますが、この新たな電子ブックリーダーはアマゾンの販売戦略において起爆剤となるのでしょうか。