KDDIが国内初モバイルWiMAXの販売へ | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

KDDIが国内初モバイルWiMAXの販売へ

日本のスマートフォン市場では禁断の領域へ!KDDIが昨日(2011年2月28日)の記者会見で4月上旬に国内初となるテザリング機能を備えたモバイルWiMAX「HTC EVO ISW11HT」の発売を発表しました。通信速度は最大40MB、料金は従来のデータ定額プランと併せることで525円(合計5,985円)という内容です。

WiMAXと3Gを併せて上記の料金というのは、国内キャリアとしては衝撃的なのではないでしょうか。40MBもあればHD動画等の大容量データを除き、ほとんどの用途にストレスを感じることなくネットワーク利用が可能となります。残念なことは搭載されるOSがAndroid 2.2であるため、標準でのNFC機能がないこと、IS03に実装されているおサイフケータイ機能やワンセグ機能も使用できないはずです。

しかし、それを差し引いても今回の機種のスペックで3万円台というのはやはりAndroidの成せる業でしょうか。

仮にKDDIがSIMフリーを行ったとしても他のキャリアではWiMAXテザリングを提供していないので、消費者が本機種を利用するにはKDDIを選択する必要があります。これが純粋な通信サービス競争のあるべき姿なのかもしれません。

最近のKDDIのスマートフォンへの取り組みには目を見張るものがあります。自ら既成概念を打破する姿勢を見せ、新たなサービスを展開し続ける、まさにマーケットアウトを体現している感を受けます。

他社キャリアもハードとのバンドルによるユーザ囲い込みの時代は終わりを告げようとしている今、SIMフリーやテザリングはもちろん、通信サービスの質で勝負をしなければならないでしょう。日本でも端末と通信サービスの組み合わせを自由に選択できる日は、それほど遠くないかもしれません。