Ubuntu Netbook RemixにSongbirdをインストール | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Ubuntu Netbook RemixにSongbirdをインストール

Songbird

以下では「 9.10 Netbook Remix」へのオープンソースメディアプレイヤー「」のインストール方法について書かせていただきます。SongbirdはiTunesと同等の機能を持ち、音楽ファイルの再生はもちろん、iPodとの同期やインターネットラジオの視聴を可能とするソフトウェアです。

ダウンロード

まずは、Songbirdオフィシャルサイトよりパッケージを任意のフォルダにダウンロードし、解凍(tar xvzf package.tar.gz)します。

権限設定

解凍したフォルダ(以下:ルートフォルダ)の中身には実行権限以上を付与してください。

例:「sudo chmod -R 777 /usr/lib/songbird」

実行ファイル作成

Songbirdを起動するだけであれば、ルートフォルダ内にある「songbird」というシェルスクリプトを端末内で実行すれば良いのですが、それでは使い辛いので、他のアプリケーション同様、アイコンをクリックして起動するように設定したいと思います。まずは、ルートフォルダ内に「songbird.sh」というファイルを新規作成し、以下のコマンドを記述し保存します。

#!/bin/bash
シェルスクリプトのパス(例:/usr/lib/songbird/songbird)

作成した実行ファイルを右クリックし、[プロパティ]をクリックし、[アクセス権]タブを開き「実行」にチェックを入れてください。

アイコン作成

この作業は必須ではありませんが、Songbirdのアイコンを作成しておくことでビジュアル性も操作上の直感性も向上するので、おすすめします。ルートフォルダ内に「songbird-512.png」という画像ファイルがあるので、これを編集します。筆者は念の為、SVGファイルも作成しておきました。Ubuntu内で編集するのであれば、GIMPやInkscapeをご利用されると良いでしょう。作成したファイルはそれぞれ以下のディレクトリに入れておいてください。

  • PNGファイル:/usr/share/pixmaps/
  • SVGファイル:/usr/share/icons/hicolor/scalable/apps