フィード | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

フィード

Google Readerがデザインを一新!Google+と連携強化

  • グーグル
  • 本日、グーグルが無料提供するフィードリーダー「Google Reader」のデザインが一新されました。予てより噂されていた通り、Gmailやカレンダー同様、Google+との連携強化が考慮され、デザインも統一されています。

インターネットの効果的情報管理

  • RSSフィード
  • 通常、インターネットの利用目的は「情報収集」と「情報配信」にあります。情報収集ひとつをとってもその形態はさらに「検索」「監視」「保管」に細分化されます。検索は概ねグーグルやヤフーに集約されているので、ここではその他二点について触れていきます。

Facebook – ビジネス向けオススメアプリ

  • Facebook
  • 昨日の「個人向けオススメアプリ」に引き続き、今回はビジネスユースとしてオススメのアプリをご紹介させていただきます。フェイスブックページにて主に使用するアプリになりますので、これから開設をご検討の方は、是非、お試しください。

ウェブサイトとソーシャルメディアの連携ツール紹介

  • ソーシャルメディア
  • 最近では、ウェブサイトとソーシャルメディアの連携は当然のように行われています。その最たる例は、ブログやプレスリリースの更新情報を自動的にTwitterやFacebookに転載するというものです。この機能を実現する外部サービスは多く存在しますが、その中から筆者のおすすめをご紹介致します。

WP No Tags Base 使用上の注意

  • WordPress
  • WordPressでタブアーカイブを表示する場合、標準では「yourdomain/tag/tag_name」というURLが表示されます。筆者は間にある「tag」を表示させないために「WP No Tags Base」というプラグインを使用していたのですが、これにより問題が発生したため、メモとして注意点を書かせていただきます。

おすすめのグーグルリーダー「Reeder for Mac」

  • Apple
  • 筆者はこれまで数々のフィードリーダーを使用してきました。そして、最終的には汎用性や互換性を重視し、グーグルリーダーに落ち着いています。また、各ブラウザの拡張機能を使うことで驚くほどパワフルな仕上がりにもなります。しかし、視覚効果だけは限界があり、そこで「Reeder for Mac」を試してみました。

グーグルアラートを活用しよう!

  • グーグル
  • グーグルが提供するサービスのひとつに「グーグルアラート」というものがあるのをご存知でしょうか。指定した検索キーワードを指定した頻度でメールまたはフィード(要グーグルアカウント)にて配信してれくる便利な情報ツールです。この機能を活用することで、最新のイベントや公募などの告知情報も得ることができます。

グーグルリーダーをカスタマイズ

  • グーグル
  • フィードリーダーとしてグーグルリーダーを愛用されている方は多いと思います。そのグーグルリーダーをより使い易くするために今回は「Firefox + Greasemonkey」を用いてカスタマイズを行います。カスタマイズと言っても3つのスクリプトを使用するだけなので、それぞれの機能のご紹介という形を取らせていただきます。

HootSuite 新機能追加と有料プランを導入

  • HootSuite
  • マルチソーシャルメディアクライアントとして不動の地位を確立しつつある「HootSuite」が、この度、大幅な機能追加と有料プラン(Pro Plans)を導入しました。SEO/SEMを考慮した様々な外部サービスとの連携を中心に著しいサービス向上が図られました。

グーグルショッピングを利用した感想

  • グーグル
  • グーグルが先日公開した「グーグルショッピング」は、データフィードを登録したECサイトの商品情報を吸い上げ、お馴染みの検索フォームから欲しい商品を検索すると関連度や価格順に応じて結果を返してくれるというサービスです。

フィード表示用のJavaScriptを自動生成 – RSS25.com

  • RSSフィード
  • ウェブサイトのトップページにプレスリリースなどのフィードを表示することがよくありますが、どのように対応されているでしょうか?CMSであればプラグインを使用し、簡単に表示できますが、静的サイトでは、iframeやJavaScriptを使用されているはずです。RSS25.comは、JavaScriptを自動生成してくれます。

マルチポストを実現する「twitterfeed」

  • NO IMAGE
  • ブログを中心に外部に向けて情報を配信されている方は多いと思いますが、ひとりでも多くの方に目を通してもらうため、また、検索エンジン最適化(SEO)の一環として他のソーシャルメディアなどにマルチポストされている方が多いと思います。