ドメイン | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ドメイン

Gmailで独自ドメイン&外部SMTPサーバを使用する方法

  • GMAIL
  • 「Gmailで独自ドメインを使用したい!」と感じたことはないでしょうか。ビジネスアカウントはもちろん、実は個人アカウントでも簡単に使用することができます。また、以前はGmailのSMTP経由でのメール送信しかできませんでしたが、現在では独自のSMTPを使用することができます。

中小企業向けHP自作サービス「みんなのビジネスオンライン」

  • ウェブサイト
  • 2011年9月13日、グーグル, KDDI, Jimboを中心に中小企業・個人事業主向けのホームページ自作サービス「みんなのビジネスオンライン」が公開されました。独自ドメイン込みで初年度無料。2年目以降は月々945円からという低価格が売りのサービスです。

ソーシャルメディアにおけるグーグルの活路

  • グーグル
  • 最近、Facebook躍進の裏でグーグル存亡の危機を囁く声をよく耳にします。それだけ人々の生活にソーシャルメディアが浸透してきたのでしょう。元来、ソーシャルメディアと検索は同じベクトルで語るべきものではありませんが、完全に切り離すこともできないのは事実。

フェイスブックメールがついに解禁!

  • Facebook
  • 「フェイスブック(Facebook)がGMAILに対抗するメールサービスを展開する!」そんなアナウンスが昨年末辺りにメディアを賑わせていました。そして、先日、筆者がFacebookにログインしたところ、「facebook.com」ドメインでのメールアドレスが付与されたのです!

WordPress – 多言語サイトの構築方法 投稿・ページ編

  • NO IMAGE
  • WordPressを使用した多言語サイト構築方法の二日目は「投稿・ページ編」です。対応は大きくふたつに分けれます。グーグル翻訳等を使用して機械翻訳を行う方法と従来通り人間翻訳を行う方法です。正直、機械翻訳の精度は低いので、今回は人間翻訳を前提に実装方法を取り上げたいと思います。

Google Apps Week – DAY3 GMAIL

  • GMAIL
  • GMAILはグーグルが提供する無料メールサービスであることは周知の事実ですが、独自ドメインを使用してメールの送受信ができるなど細かなオプション機能があることを知っているユーザは以外に少なく、Microsoft Office Outlook比べても劣らない機能を持っています。

CMSとしてのWordPress MU

  • NO IMAGE
  • WordPressをCMSとして利用するウェブサイトが急増していますが、WordPress MU(以下:WPMU)となるとその数は激減します。バージョン3以降では、WordPressとWPMUが統合される方向にあり、管理者はWPMUにも慣れておく必要があります。それでは、WPMUをCMSとして利用した場合、これまでと何が違うのか概観したいと思います。

総務省、TLDでの日本語の取り扱いを推進

  • NO IMAGE
  • 2009年7月6日、総務省での「情報通信政策部会 インターネット基盤委員会(第17回)」においてTLD(トップレベルドメイン)においても日本語を使用可とする話し合いがなされました。今回の焦点は「.日本語」ですが、今後、「.東京」や「.大阪」といった地方単位でのドメインが誕生する可能性もあります。

日本語ドメインの意味を考える

  • NO IMAGE
  • 近年、「日本語ドメイン」が何かと話題になっています。日本語ドメインとは、ウェブサイトのアドレスにあたるURLの表記に「日本語.com」や「にほんご.jp」のように従来のアルファベットではなく、漢字や仮名を使用するものですが、あまり利用しているホームページを目にすることがありません。

仕事上、独自ドメインを持つ理由

  • NO IMAGE
  • ドメインに関する説明は、以前、「ドメインの取得>」という記事の中で書かせていただきましたが、再度、簡単に申し上げますと、ホームページのアドレス「http://www.」以下やメールアドレスの「@」以下に来る文字列を指し、当サイトの場合は「technolog.jp」がそれに当たります。