データベース | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

データベース

WordPress – お問い合わせ内容をデータベース管理

  • WordPress
  • WordPressにおけるメールフォームプラグインの定番といえば「Contact Form 7」です。2010年11月10日現在で280万回近いダウンロードを記録しており、付随する拡張機能まで配布されています。「Contact Form 7 to Database Extension」は、お問い合わせ内容をデータベース管理してくれる便利なプラグインになります。

オープンソースETL – Talend Open Studio

  • Talend
  • データをExtract(抽出)Transform(変換)Load(読み込み)するソフトウェアのことをETLと呼び、データウェアハウスやBIを実装する過程において欠かせないツールとされています。Talend Open Studioは海外では広く知られるオープンソースETLツールです。

WordPress 3 日本語版リリース

  • NO IMAGE
  • WordPress 3 日本語版がついにリリースされました。MU(マルチサイト)の翻訳もしっかりと対応されていて、WP2.9.2からアップグレード作業にも特別な不具合は見られません。ただし、WordPress MUのアップグレードには若干の注意が必要になりそうですので、簡単なインストラクションをご紹介しておきたいと思います。

WordPress MUを使用するうえでの留意点

  • NO IMAGE
  • WordPress 3.0 のリリースに備え、WordPress MU(以下:WPMU)を使用するウェブデザイナーが増えているようです。大きなテクノロジーの違いはないものの、実装する中でWordPressとの相違点がいくつかあるため、筆者も頭を悩ませた留意点について触れてみたいと思います。

WordPress – オススメの初期追加導入プラグイン

  • WordPress
  • WordPressでウェブサイトを構築する際、それがブログとしてであれ、CMSとしてであれ、個人的に必ず初期段階で追加導入するプラグインがあります。汎用性が高く、利用者も多いと思いますが、こ自身のものと見比べ、使用したことのないものがあれば、是非、お試しください。

WordPress – カスタムフィールド活用術

  • WordPress
  • 個人的な見解ですが、普段、WordPressをブログとして使用していると「カスタムフィールド」の必要性を感じることがありません。しかし、CMSとしてユーザに開放する場合、要件に応じて独自の入力欄を用意しなければならないケースに遭遇します。ここで重宝するのが「カスタムフィールド」です。

WordPress – パフォーマンス向上プラグイン

  • NO IMAGE
  • WordPressをCMSとして使用している場合、余程のサイト規模でない限りパフォーマンスの劣化が気になることはありませんが、更新頻度の高いブログとして使用するとなると、アクセス数も乗じてそれなりの対策を講じる必要が出てきます。サーバ側での対応はもちろんですが、ここでは有用なプラグインを幾つかご紹介します。

SugarCRMの可能性

  • NO IMAGE
  • 世界のCRM市場には多くのソフトウェアが存在し、以前はシーベル(オラクルが買収)が圧倒的なマーケットシェアを誇っていましたが、現在ではsalesforce.comがマーケットリーダーとなっています。今後、この勢力図に変化を起こす可能性があるとすれば、それはオープンソースではないでしょうか。そして、その筆頭とされるのがSugarCRMです。

柔軟性を考慮したホームページの管理

  • NO IMAGE
  • ホームページを作成する場合、考慮しなければならない点は数多くあります。デザイン、SEO、ユーザビリティ、そして長期的な運用を考えれば柔軟な管理体制も重要な要素になります。ここで言う「柔軟」とは、コンテンツの追加・変更・削除の柔軟性や環境移行の柔軟性を指します。

CMSに求められる要素

  • NO IMAGE
  • 最近では中小企業でのCMSを利用したウェブサイトの構築も目につくようになりました。一般的に挙げられるCMSの利点としては、その名の通りコンテンツ管理が簡素化されるということ。これはドキュメント作成の作業軽減にもつながります。また、HTML/CSSスキルを持たないユーザがページの追加・編集を簡単に行えることも挙げられます。

MODx Evolution 1.0.0 新デザイン概要レポート

  • NO IMAGE
  • 先日、リリースされたMODxの新バージョン「Evolution 1.0.0」。管理画面のデザインが一新されたということで実際にインストールから試してみました。0.9.xのインストールイメージについては、「Modx – 最新バージョン「0.9.6.2」をリリース」で触れていますので、比較してみてください。

WordPress – データベースバックアップのススメ

  • NO IMAGE
  • 先日も書かせていただきましたが、本サイトは、ホスティング先においてデータベースが削除されたことにより復旧にかなりの時間を要しました。データベースのバックアップは定期的に取っていたのですが、その方法が十分ではなく、データベースが生命線となるCMSでは死活問題であるということを再認識致しました。

OpenOffice.org BaseでPostgreSQLを編集する方法

  • OpenOffice.org
  • PostgreSQLの編集を行う場合、いくつかの選択肢があります。コマンドライン、pgadminⅢ、MS Access、そしてOpenOffice.org Base(以下:Base)。この他にも方法はあると思いますが、最も操作しやすいGUIはBaseだと感じています。

OpenOffice.orgの今後の行方

  • NO IMAGE
  • 昨日よりオラクルによるサン・マイクロシステムズの買収に関する報道が世界を駆け巡っています。オラクルは今後、法人向け統合ソリューションをさらに確固たるものとし、勢力を拡大していくでしょう。しかし、その陰で気になることはこれまでサン・マイクロシステムズが手掛けてきたプロジェクトです。

Drupal – 日本語最新バージョン「6.10」ダウンロード開始

  • NO IMAGE
  • 2009年のCMSアワードにも選ばれたDrupalから最新バージョン6.10がリリースされ、その日本語版が2月26日夕方よりダウンロードが開始されました。今回はマイナーバージョンアップということで機能的な大幅な向上はありませんが、セキュリティ上の脆弱性が指摘されており、ユーザには早急のアップグレード対応を促しています。

CMSの使用上の留意点

  • NO IMAGE
  • 以前、「CMSの利点」という記事を書かせていただきましたが、すべてに陰と陽があるようにCMSにも使用する上での留意点があります。そして、ホームページを制作するにあたって「CMSは万能ではない」ということを念頭においていただいた方が良いかもしれません。

製造業におけるホームページのニーズ

  • NO IMAGE
  • 中小企業における製造業の中でもっとも多い分野は部品製造でしょう。昔から日本人は手先が器用と言われ、ネジやバネなどの部品製造においては世界でもトップクラスです。そんな部品製造会社がホームページに求めるものは、数百・数千に及ぶ膨大な製品を見る人に簡単に検索をさせ、紹介し、その場で発注を受けられるような仕組みです。

食品販路の再構築

  • NO IMAGE
  • 食品卸大手の伊藤忠食品とポータルサイト(ヤフーのような情報集合サイト)大手エキサイトがタイアップし、インターネット上で1500品目に及ぶ食品の情報をデータベース管理し、ブログや通販サイトの運営者に好きな情報を掲載して貰い、消費者とのダイレクトな販路を確保するというもの。

苦情データベース

  • NO IMAGE
  • 本日(5/30)の日経新聞の記事の中で日生協(日本生活協同組合連合会)が冷凍ギョウザ問題などの再発を防止すると共に、全国の生協で情報共有を図るため、6月より「苦情データベース」を導入するとの内容を目にしました。

システムによる経営分析のための専門用語

  • NO IMAGE
  • このブログでは、ビジネスインテリジェンス(以下:BI)という言葉を何度か取り上げてきましたが、平たく言うと「分析」を指します。販売、購買、在庫、生産、そして経営など、様々なところに分析は必要とされ、PDCA(Plan – Do – Check – Action)を繰り返し、企業にとってのベストプラクティスを模索していくための道具です。

データバックアップの重要性

  • NO IMAGE
  • 今更・・・といった話しになってしまいますが、個人用・仕事用に関わらず消失しては困るデータというものは常に存在します。メール、アドレス帳、文書ファイル、画像データ、音楽データ、仕事の上では顧客データを中心としたデータベースなど死活問題に近いでしょう。

データベースとは・・・

  • NO IMAGE
  • システムを導入するためには、開発会社が利用者の業務を理解することが大切ですが、それと共に利用者側の経営者がシステム導入のメリットおよびデメリットを把握し、担当者レベルでプロジェクトの具体的イメージを持つことも欠かせません。このうちのどれかひとつでも欠ければ、ビジネスとシステムの融合は難しいものとなってしまいます。