3月 2008 アーカイブ - Technolog.jp

2008-03

多角化する広告媒体 – 仮想空間

  • NO IMAGE
  • 本日(2008年3月31日)の日経新聞に「マガジンハウス、仮想都市サイト開設・企業に広告枠販売」という記事が掲載されていました。セカンドライフのようなインターネット上の仮想空間(渋谷など若者の街をイメージ)に10棟程のビルを設け、各フロアにショップを割り当てる。

オープンソースメーラー – Thuderbird

  • Thunderbird
  • パソコンのメールソフトに何を使っていますか?Windowsであれば「Outlook Express」というソフトウェアが入っているのでこちらの利用頻度が高いと思います。しかし、OEは操作を極限まで簡素化しているので、メールの送受信が主になっており、拡張性に乏しいところがあります。

注目のCMS – Modx

  • MODx
  • 「CMS Awards 2007」において「最も期待できるオープンソースCMS部門」を受賞したのが、この「Modx」になります。世界的にオープンソースの流れは加速し、XOOPSやDrupalなどのメジャーCMSが存在する中での受賞はどれだけ注目を集めているかを物語っています。他のCMSに比べ、デザインの自由度が高く、運用の容易さが特徴です。。

ホームページのトレンド

  • NO IMAGE
  • 少し前のホームページはフレームと呼ばれる技術を用いて、ページを分割し、ヘッダーやサイドバーは固定、内容部分のみスクロールするという作りが主流でした。しかし、ビジュアルとは反対に検索エンジンとの相性があまり良くなく、SEOの観点からも避けられるようになりました。

ホームページ作成ツール

  • NO IMAGE
  • 初めて自分でホームページを作成される場合、HTMLをゼロから書いていくには少し抵抗があると思います。そこでまず頭に浮かぶのが視覚的にホームページを作成できるソフトウェア。

ホームページを必要とする理由

  • NO IMAGE
  • 人がホームページを持つにはいろいろな理由があります。個人を考えた場合は、外部に情報を発信、または、第三者とコミュニケーションを取るためなど、概ね利害関係は発生しません。

ブログを書き続ける理由

  • NO IMAGE
  • ブログの意味は利用者の目的や用途によって様々です。日記感覚で日々の生活における出来事を書く人、心理描写を中心に書く人、特定の分野(趣味や研究内容)について書く人、すべてのブロガーは何かの目的があって、外部に情報を発信し続けます。

アップルの勢力拡大 – Safari

  • NO IMAGE
  • 昨日(3月18日)よりiPodで急激に売り上げを伸ばしているアップルよりインターネットブラウザ「Safari 3.1」がリリースされました。ウィンドウズ利用者には馴染みがありませんが、アップルの端末ではこのSafariが標準ブラウザとして存在してきました。

パラグラフタグとの格闘

  • NO IMAGE
  • ホームページを作成する上で、初心者が頭を悩ませる存在としてパラグラフ(以下:P)タグがあります。私も初めの頃、このPタグに悩まされたことが何度かありました。Pタグは通常、上下にmarginの値を持っているので、スタイルシートなどで初期値をクリアしないと思わぬところで悪さをすることがあります。

電話のこれから

  • NO IMAGE
  • 昨年7月に開始されたNTTが提供するサービス「DIAL104」。以前は、104に電話をすると知りたい電話番号を教えてくれるだけのサービスでしたが、それがかけなおしをすることなく、ダイレクトに取り次いでくれるサービスとして話題になりました。

SNSの活躍の場

  • NO IMAGE
  • 10代から30代を中心に幅広く利用されているSNS。以前、SNSの多様化という記事の中で概説し、その結びに「今後のSNSは、テクノロジー中心の考え方からいかに特定のビジネスにマッチングさせるかを検討する、本当の意味での実用化段階に入っていくことになるでしょう。」というコメントを書かせていただきました。

情報セキュリティ – SSL

  • NO IMAGE
  • 年々、個人情報の取り扱いやコンプライアンスへの対応が強化されていますが、情報セキュリティには様々な形態があり、重要書類は施錠のかかった場所に保管するなどの人的対応もあれば、インターネット上での情報漏洩対策などのシステムによる対応もあります。

データ(情報)量の概念と実態

  • NO IMAGE
  • 家電量販店でパソコンの最新機種を見ると10万円台は当たり前、ハードディスク(以下:HDD)のサイズも100GBを超えるものばかり。Windows 95が出回りだした当初は30万円以下のパソコンはほとんど存在せず、HDDも2GB程度でした。当時のスーパーコンピュータが今のパソコンといったところでしょうか。

インターネットの世界と現実の融合

  • NO IMAGE
  • 1990年代、マイクロソフト社のWindowsをきっかけにパソコンは普及し、それ共にインターネットも生活の中に浸透してきました。2006年度インターネット白書によると日本におけるインターネット普及率は8000万人になり、今後も伸び続けるという見解があります。

IEがまたまたバージョンアップ

  • NO IMAGE
  • つい先日、「Internet Explorer(以下:IE)7」の自動配布が行われたばかりで、世間ではIE6を使用されている方が多いと思いますが、マイクロソフト社からは次のバージョンであるIE8が発表されています。まだ、テスト環境でしかないようですが、2009年には正規版が英語圏を中心に配布されるでしょう。

情報共有 – インターネット掲示板

  • NO IMAGE
  • 情報共有基盤として最も普及している道具の一つがインターネット掲示板です。基本的な利用方法は、該当する掲示板のURLをブラウザに打ち込み、ウェブサイトを開き、告知したい内容や協議したい内容を書き込みます。あとは参加者がそれに目を通し、ディスカッションを行っていくという形です。

情報共有 – メーリングリスト

  • NO IMAGE
  • 以前、情報共有の手段としてグループウェアやグーグルが無料提供するGMail Driveをご紹介しましたが、観点を変えるとその他にも幾つか存在します。その中の一つにメーリングリストがあります。

顧客管理の王道「RFM分析」

  • 統計情報
  • 大手小売業や外食産業では日々当たり前のように行っているCRM。中小企業でも手をつけられている会社は多いと思います。今更・・・といったところもあるかもしれませんが、今回はその中でも王道とも言うべき「RFM分析」について書いていきます。

ホームページの多様性

  • NO IMAGE
  • ホームページという言葉を聞いてまず頭に浮かぶのはどんなサイトでしょうか。ヤフーやグーグルなどの検索サイト、楽天やアマゾンなどのECサイト、mixiやGREEなどのコミュニティサイト(SNS)、ブログなどの情報サイト、人によってイメージするものは変わってきます。すなわちそれはホームページと言っても多種多様な形態が存在するということです。