コスト削減 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

コスト削減

LibreOffice 導入事例 – JA福岡市農業協同組合

  • LibreOffice
  • 2011年12月6日、JA福岡市農業協同組合が全事業所においてオープンソースオフィスソフトウェア「LibreOffice」を導入したことを発表しました。導入の動機は、文書規格の永続的な統一およびコスト削減にあり、同組合の試算では今後約840万円のコスト削減が実現されるそうです。

マイクロソフトがOpenOffice.orgを意識している

  • OpenOffice.org
  • 上にある動画においてマイクロソフトはオフィスの有用性をOpenOffice.orgと比較して述べています。以下にその主張するところをまとめていますが、ほとんどがMSO本位の内容であり、国際標準規格とされるODFに対する見解は含まれていません。

クラウドが雇用情勢も変える!

  • NO IMAGE
  • 本日のニュースで三井物産がデータ入力作業をクラウドでアウトソーシングし、大幅なコスト削減を目指していることが掲載されていました。この流れが広がれば、業務委託先は、主婦を中心とした在宅者になり、新たな雇用を生み出します。また、自閉症やニートとされる人々にも社会復帰のきっかけとなるかもしれません。

JA OpenOffice.org のトップページリニューアル

  • OpenOffice.org
  • この度、OpenOffice.org 日本語プロジェクトに参加させていただき、トップページリニューアルに携わらせていただきました。プロジェクトリードの中田さんやマーケティングプロジェクトコーディネーターの平野さん、全般的にご協力いただきましたグッデイの瀧澤さんをはじめ、プロジェクトの皆様には大変お世話になりました。

OpenOffice.orgへの移行における障壁

  • OpenOffice.org
  • マイクロソフトオフィスは、ライセンス費用が高い、定期的に買い替える(アップグレード)必要がある、といった理由からオープンソースであるOpenOffice.orgへ移行する自治体、法人、個人が増え始めています。しかし、移行を行う場合、幾つかの障壁に当たり、断念するケースも少なくありません。

OpenOffice.org 導入事例 – 大阪府交野市

  • OpenOffice.org
  • 2010年7月に大阪府交野市が同市ホームページにおいて市役所内の事務処理用PC全台にOpenOffice.orgの導入を発表しました。大阪府内での全面採用としては初めての事例であり、2011年4月には、国際標準フォーマット(ODF)を公式保存文書データとすることを謳っています。

薄利多売の時代

  • NO IMAGE
  • 小売を中心にここ数年、激しい薄利多売ビジネスが展開されています。1000円未満のジーンズや100円未満のビールなど、わずか5年程前には想像もできなかった現象が起こり、その流れは他業界にも派生しています。今回は、IT業界にフォーカスし、その要因と今後の展開を考えてみたいと思います。

エンジニアもマルチマインドの時代

  • NO IMAGE
  • 株式会社サイバーエージェント主催の起業家発掘イベント「Startups2010」が先日開催され、それを受け、代表取締役社長CEOの藤田晋氏が個人のブログで「エンジニアの時代」という感想を述べていました。同士の意見の通り、エンジニア、特にマルチマインドを持つ人材は非常に貴重です。

コスト削減とオンデマンドオペレーション

  • NO IMAGE
  • 製薬大手グラクソ・スミスクラインが医師に配布する医薬品資料の一部をオンデマンド対応することにより、紙の資料在庫を34%削減(年間で1000万~2000万円のコスト削減)に成功したことを発表しました。同社に限らず、オンデマンドで対応することでコスト削減が図られる業務は広範に渡るものと思われます。

ホームページにCMSを選ぶ理由

  • NO IMAGE
  • 従来、ホームページはページ単位でHTMLをコーディングし、その都度、メニューやリンクを編集しなければならず、サイト構成が変わるとそれこそリニューアルに近い作業が発生していました。しかし、CMSの出現によりデザイン、コンテンツ、機能をそれぞれ別々に管理できるようになり、制作時はもちろん、運用時においても大幅な費用削減が実現されるようになりました。

OpenOffice.org 導入事例 – 愛知県豊川市

  • NO IMAGE
  • オープンソースのオフィススイートとして人気を集める「OpenOffice.org」の導入が地方自治体で進んでいます。愛知県豊川市では、市役所内のパソコン約1000台にすでにOpenOffice.orgをインストールし、2010年12月からは市役所内での標準ソフトウェアとして取り扱う方針を決定しているようです。

ソフトウェア業界も過当競争が進む

  • NO IMAGE
  • 1000円を切るジーンズが話題になった2009年。激安競争が小売業界では展開されました。セオリーからすれば、いかに原価を落とせるかがポイントになるため、過当競争の中では資本力を持つ企業が生き残ります。業種によりその流れの早さには違いがあるでしょうが、ソフトウェア業界も例外なく渦中にいます。

ホームページ作成・運用費用削減方法

  • NO IMAGE
  • ひとつの企業がサービスや商品ごとに複数のホームページを運用するということも珍しくありません。それはブランド戦略でもあり、経営の観点からも有効な手段と言えます。しかし、その反面、ホームページの数が増えれば、サーバの増設やメンテナンスに費用がかさみ、投資対効果が見え辛くなってしまうこともあります。

データ化のメリット・デメリット

  • NO IMAGE
  • 10~20年前と現在で比べ、データ化された身の回りのものはたくさんあります。プライベートで密接に関わっているものとしては写真・書籍・音楽、ビジネスでは顧客情報・各種資料・FAX紙などすべて日常に大きな意味を持つ情報ばかりです。